金運アップにつながる靴 「ローヒール」「ヘビ皮」「ワニ革」

NEWSポストセブン / 2012年6月1日 16時1分

 6月12日は1等の当せん本数がこれまでの7倍になるドリームジャンボの抽せん日。当せんを目指して、いまから金運アップに備えたいところ。

「2012年は、『金』の気を持つ『六白中宮年』。とりわけ“品位”や“品格”を司る『財』の年です。身につけるものに気をつけて“上品さ”をテーマに、いつもよりワンランク上のエレガントさを意識すると金運アップにつながります。とくに『運のある所へ導いてくれるアイテム』として重要視されるのが靴なんです」

 というのは、李朝風水師でテレビでも人気の李家幽竹さん。

「気は頭から足に向けて流れていくので、足元はとても大切なのです。足元にいい運気をとどめておかなければいけません」(李家さん・以下同)

 おしゃれの要となる足元は、金運の要所。それじゃあ、どんな靴を選べばいいのだろうか?

 李家さんによると、土台がしっかりしてこそ金運も安定するとのことで、ローヒールが金運的には◎。またオープントゥはよい運気まで流れてしまうので、先が開いていないものがオススメ。ただし、どうしてもサンダルを履くときは、

「不安定なピンヒールはお金が落ち着かないので避けたほうがベター。バックストラップがついているなど、固定される安定感のあるミュールを選んで。ヒールはローヒールやウエッジソールを選びましょう」

 特に、今年は女性らしい丸みを帯びたラウンド型が金運を呼びよせる。

 色については、ベージュや白など、明るめの色がオススメだが、今年流行りのシャーベットカラーも金運を呼びよせる“品のある”色だという。また、エナメル質のような上品な素材の靴、ヘビ革やワニ革をはじめエキゾチックレザーなどの高級素材の靴も、履く人の“品位”を高めてくれる。

※女性セブン2012年6月14日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング