山路徹氏 夫の携帯のぞき浮気の証拠つかんだ妻の悩みに助言

NEWSポストセブン / 2012年6月4日 16時2分

 大桃美代子(46才)、麻木久仁子(49才)との結婚歴があり、最近では塩谷瞬(29才)の二股騒動でコメンテーターとして脚光を浴びている山路徹さん(50才)。試練を乗り越えてきた山路さんが夫婦のお悩みにズバリ回答します。

【お悩み】
 夫の携帯を偶然見てしまい、同じ会社の女性と親密なメールをしていることがわかりました。内容からその女性と浮気をしているようです。そのことを夫にいったら、「携帯を見るお前が悪い」と逆ギレ。以来、関係はぎくしゃくしています。でも離婚はしたくないのですが……。(40才・専業主婦)

【山路さんの回答】
 逆ギレはダメですね。これはダメな夫だと思う。離婚したくないと思うんだったら、まずは話し合いをきちんとすること。このとき、気をつけたいのが、感情的にならないこと。できるだけ声のトーンをおさえて、「ちょっと話しましょう」と冷静に持ちだしてみる。

 絶対に怒ってはいけません。「あなた、浮気したわね!」と声を荒らげたりすると、こういう夫だから「お前のそういうところが嫌いなんだよ!」と逆にあげ足をとられ、違う方向に話を持っていかれますから。

 話のもっていき方としては、

「この間のこと、はっきりさせておきましょう。私もこの年だし、もしあなたと別れることになったら未来があるので」というふうにできるだけ淡々とした口調で話をする。「絶対に怒らないから、気持ちを正直にいってみて」という姿勢で臨みましょう。

 もし、このとき、夫が別れたいと思っているなら、その時点で気持ちが離れているので、離婚を視野に入れたほうがいいと思います。

 だってぎくしゃくしたまま、夫婦生活を続けるのは不健全でしょう。

 まだ40才なんだし、これから未来もある。我慢して夫婦生活を続けて、50才になって離婚ってことになった場合、後悔するんじゃないかな。“失われた10年”を取り戻すことはできないですからね。

 もちろん金銭面の不安もあるでしょうが、いまからだって働きに出ることはできるし、むしろどんどん社会に出て行ったほうがいい。社会に出ることで、刺激を受けて、どんどん磨かれていくわけでしょうから。

 せっかく、この世に女性として生まれてきたんだから、ひとりの男性に束縛される理由なんてありません。新たな人生をスタートさせることも視野に入れてもいいのでは。

※女性セブン2012年6月14日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング