金環食時に求婚された女性「沢尻エリカか!」と男にブチ切れ

NEWSポストセブン / 2012年6月8日 16時0分

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、金属メーカー勤務のご主人(39歳)。奥様(41歳)に対して正式なプロポーズの言葉はなく、自然に結婚へ進んでいったそうです。

 * * *
 やっぱり言葉は残しておいたほうがいいですよね。7歳の娘がいるんですが、女の子って年頃になると、「パパのママへのプロポーズの言葉は?」などと聞きそうじゃないですか。

 それで、今年の5月21日は25年ぶりの金環日食が日本でも見られるので、ダイヤモンドリングが出現した時に、女房にプロポーズすることに決めました。大好きな沢尻エリカがロシアへ皆既日食を見に行った時プロポーズされ、OKしてるんですよ。当日はどんな言葉でプロポーズしようかと、色々考えてると楽しいんですよね。

 すると、顔がニヤついていたようで、女房に「どうしたの?」と聞かれ、つい「実は……」と喋っちゃったんです。すると、「縁起でもない! 沢尻エリカは離婚に向けて別居中なのよ。アナタも私と別れたいの!?」と怒り爆発です。

「私、沢尻エリカって嫌いなの。それをアナタったら、あの半ケツ丸出しの映像を思い出してニヤニヤしてたのね。サイテー!」「いや、それは誤解だよ!」「何が誤解よ! 小さい娘もいるのに、アナタの考えてることは犯罪よ。妄想罪!」

 怒りを和らげようとして、「妄想(申し)わけない」と小声でダジャレをいったら、「モソモソ(妄想)いわないで、ハッキリいいなさいよ!」って、ダジャレも女房の方がうまかった!

※週刊ポスト2012年6月15日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング