スカイツリー 実は空いてるソラマチの楽しみ方を近隣作家指南

NEWSポストセブン / 2012年6月10日 16時0分

 先月下旬にオープンした東京スカイツリー。展望台に上がる予約客の行列に大混雑を予想しがちだが、意外に空いている穴場スポットもあるとか。近所に住む作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が、「大人のスカイツリーの楽しみ方」を伝授してくれた。

 * * *

 5月22日(火)、ついに東京スカイツリーと、隣接する商業施設のソラマチがオープンしました。実は私、すごい近所に住んでいるのですよ。マンションからスカイツリーが見えますが、何か?

 ただ……。できる過程をずっと近所でウォッチしていますし、オープンしてからも何度も行っているのですが、ぶっちゃけメディアの報道ほど盛り上がっていないです。残念だなと感じる部分もいっぱいです。下町在住アラフォー既婚男子が、スカイツリーとソラマチの実態をレポートしちゃいます!

 まず、混み具合です。いかにもフィーバーしている風に伝えられていますよね。たしかに、押上駅とその周辺は賑わっています。押上駅ととうきょうスカイツリー駅の合計乗降客数はオープン前の1.7倍に増えています。このデータを元に「すわっ!混んでいるんだ!」という方もいることでしょう。いや、元々、それほど乗降客数が多い駅ではないですから。

 たしかに賑わっているのですけど、ディズニーランドがある舞浜駅とか、武道館でライブがある日の九段下駅ほどは混んでいないです。普段、満員電車に揺られているアナタなら大丈夫でっせ。

 ソラマチのテナントも同様で、一部のお店は混んでいますが、行列ができるほどでもありません。お台場のダイバーシティもそうですが、UNIQLOとZARAのロゴが光っていて、一気に萎えます。このロゴを見ると、日本中というか、世界のどこに行っても同じに見えるような。テナントに関しては、お洒落大好き中年男子にとってちょうどいいアパレルのお店はほぼなかったです。

 ジーンズを買おうとDIESELに行きましたが1本3万円はさすがに高すぎと感じ、店を後にしました。意外にもおすすめはお惣菜コーナーとスイーツコーナーです。なかなかの良店揃いです。これまた、空いていて快適です。

 ちょっとお金に余裕があるアナタにおすすめなのが、ソラマチの30階、31階のレストラン街です。これがまた、空いているんですよ。開業した週末、20時台に行ったのですが、どの店も行列なしで入れる状態。そのかわり、明らかに客単価が5,000円を超えている感じで、やや高めなのですけどね。

 でも、今時、夜景が綺麗なレストランで勝負デートをしたいアナタ、このあたりのお店に連れていくと、大幅にポイントアップですゾ! 夫婦で行きましたが、ちょっとセレブな気分を味わいたいナウなヤングのアベックにぴったしカンカンなお店がいっぱいおっぱいです。

 それにしても……。ちょっと不安になったのは、思ったよりも東京感、下町感がないこと、単価と来ている客層がマッチしているのかということ、地元にお金が落ちているのかということですね。スカイツリーで集客アップを期待していた地元のお店ですが、みんなソラマチや浅草方面に行っているようで、お金が意外に落ちていない様子ですね。

 観光地としてはそれなりに話題になるでしょうけど、繰り返し行きたいかと言われると微妙ですねえ。リピートさせるための工夫に期待したいところです。

 というわけで、展望台の予約はいっぱいのようですが、ソラマチは思ったほど混んでなくて快適なので、皆さん、四の五の言わずに押上にGOですゾ。今後の盛り上がりを激しく傍観したいと思います。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング