故寛仁親王「女性宮家創立考えた事ない」「伝統は意味がある」

NEWSポストセブン / 2012年6月6日 18時40分

「ヒゲの殿下」「スポーツの宮様」と親しまれた、三笠宮家の寛仁(ともひと)親王殿下が6日亡くなられた。66歳だった。2005年頃には皇室典範改正問題が世間を賑わせたが、2008年当時、寛仁殿下は自身の意見をこう述べていた。(週刊ポスト2008年1月25日号より)

 * * *
 有識者会議の答申には、現職の女性皇族を宮家として残すという趣旨が書いてありました。あの法案は一度つぶれたと理解していますけれども、あの時点で年齢的に、一番対象になる可能性が高かったのはうちの子供達だったわけです。

 私は娘達が結婚したら民間人になるという前提で育ててきました。彼女達も早く名字を持ちたい、と小さいときから言っていましたよ。上は26、下は24になりました。あと、2~3年で、どこかの男にかすめ取られるだろうから、女性宮家創立は考えた事はありませんし、万世一系の我が国の伝統に女性宮家創立は馴染みません。

 天皇は一度の例外もなく男系の血筋によって受け継がれてきました。歴代の天皇は、父親をたどると必ず天皇に繋がっていたわけです。伝統は必ず意味があるから残っているのであって、意味のない伝統ならとっくになくなっているはずです。

 もちろん今のままの皇室典範を維持していくのは難しいから改定は必要です。細かいことは学者・法律の専門家等広く人材を集めて、具体的に詰めなくてはいけないけれど、男系を維持するには、旧皇族さんにお戻りいただくことが必要です。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング