本田圭佑の父 息子のケガに「嫁はんに任しとけばええんや」

NEWSポストセブン / 2012年6月13日 7時0分

 W杯ブラジル大会・アジア最終予選のオマーン戦(6月3日・埼玉スタジアム)で約9か月ぶりのゴールを決めたサッカー日本代表・本田圭佑選手(25才)。

 昨年8月、試合中に右膝半月板を損傷した本田は、翌9月にスペインで手術を受けた。その後、一時は復帰したものの、右膝をかばってか、度重なるケガに見舞われ、人生初の長期離脱を余儀なくされた。しかし、本田はそんなときでもポジティブだった。

「ケガして思ったのは、やっぱりチャンスやなと。すごい遠い試合に向けて自分を作り直せるっていうのは、ぼくいままでこういうケガをしたことなかったから、チャンスやなと思っているんですけどね」

 ビッグマウスの本田ならではの言葉だ。そんな彼のリハビリの日々を支えたのは同級生妻・A子さん(25才)だった。

「本田は“嫁の料理はめちゃくちゃ美味しい。彼女がいてくれたから、自分もここまでやってこれた”というほど奥さんにベタ惚れなんです」(本田の知人)

 本田の父親も周囲にこんなことを明かしていたという。

「親父さんに“圭佑のケガはどうや?”って聞いたら“知らん”って(笑い)。“嫁はんがしっかりしてるから。オレがロシアに行っても何もしてやれんからな、邪魔なだけやろ。嫁はんに任しておけばええんや”というてました」(本田家の知人)

 父も信頼を置くA子さんに支えられての見事な復活。ゴール後のキスパフォーマンスは、A子さんへ感謝を表したものだったのかも。

※女性セブン2012年6月21日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング