1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

88才料理研究家 おいしいだしの取り方“水出し”のやり方伝授

NEWSポストセブン / 2012年6月12日 16時0分

 料理教室の生徒を多数かかえ、テレビや雑誌に引っ張りだこの“登紀子ばぁば”こと、料理研究家の鈴木登紀子さん(88才)。そんな鈴木さんが、失敗しないおいしいだしの取り方についてについて教えてくれた。

 * * *
 少々時間はかかりますけれども、失敗のない方法が「水出し」です。昆布や煮干し(焼き干し)、干ししいたけなどをそれぞれ水に浸しておくだけです。

 朝食のみそ汁などに使う場合は、前の晩に、お鍋に水と煮干しを入れ、おちょこ一杯分ほどのお酒を加えて寝かせます。朝起きたときには、おいしいお出汁ができあがっている…という具合です。

 火を入れずにとるお出汁は、手間がかからないばかりか、格別なおいしさです。乾いた海藻や魚が水のなかに戻され、時間をかけてゆっくりとほぐれて、じわ~りじわりとうまみがにじみ出てくるわけです。母は「夜のうちに時間がやっておいてくれるのよ」と、いつもこうしてお出汁をとっておりました。

 また、お出汁をとったあとの昆布は干してまとめて当座煮にします。当座煮とは、しょうゆと酒で味つけした煮物でほんの数日(当座)日持ちする副菜のことです。

 そうはいっても、いつもお出汁を使う必要はないのですよ。お肉やお魚で濃厚なうまみが出るお料理では、お出汁が不要という場合もあります。かぼちゃの煮ものなどは水だけで煮るのが私流です。

※女性セブン2012年6月14日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング