為替円安に向かえば「9月に日経平均1万円超えも」と専門家

NEWSポストセブン / 2012年6月13日 7時0分

 2012年下半期、日経平均株価はどう推移するか。「東京IPO」編集長の西堀敬氏は、こう分析する。

 * * *
 ギリシャ、スペインなどの情勢次第で欧州危機が再燃する可能性があり、そうなれば6月後半から7月にかけて再度の下落も想定される。その後、悪材料が出尽くしとなれば、為替相場も円安に振れると見ており、9月上旬に1万円超えが考えられる。

 だが、11月に向けて9000円台前半まで下落。中間決算発表で、それほど悪くない業績を確認した後で1万円超えとなり、年末は1万500~1万1000円に向かうと予想している。

※マネーポスト2012年夏号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング