吉田豪×坂上忍の衝撃トーク いまだから語れる素顔の尾崎豊

NEWSポストセブン / 2012年6月13日 7時0分

『メルマガNEWSポストセブン』では、ビートたけし、櫻井よしこ、森永卓郎、勝谷誠彦、吉田豪、山田美保子といった様々なジャンルで活躍する論客が、毎号書き下ろしで時事批評を展開する。ここでは、6月8日に配信された18号より「吉田豪の今週のオピニオン」の一部を公開する。

 * * *
「ブスと仕事が嫌い」とあっさりと言い切る坂上忍が再ブレイクしている。子役としてスタートした芸歴は今年で42年。芸能界の酸いも甘いも知り尽くした坂上が、あの尾崎豊のエピソードを明かす。

──そういえば坂上さんの資料を集めてたら、尾崎豊さんの話があって意外でした。

坂上:あれは10代のときに、飲み屋行くたびにあいつがいて。

──吉川晃司さんや岡村靖幸さんと六本木で飲み歩いてた頃ですね。

坂上:そうです。そしたら行く先々でほぼ泥酔状態で、そこからですね。

──本人の素と、売り出され方のギャップで悩んでたんですよね。

坂上:完全にそこで。それが埋まりきらなくて。誰も売れると思ってなかったんですよ。(レコード会社が)エピックだったんで、僕はCBSだったんで。僕、最初の青年館のライブを観に行ってドン引きしたんですよ。なんだこの説教はと思って。

──最初にレコードを聴いたときも…。

坂上:もうウザかったですね。そしたら本人が全然違うから。それで話してみて、やっぱりズレなんでしょうね。でも、基本真面目で気が小さいから、そこらへんが横柄になれればとか、ナルシシストになれちゃえばどっかで持つのかもしれないですけど、どっかこう良心みたいなのが残ってるとしんどいんじゃないですかね。

──ブログとかツイッターがあるいまだったら毒抜きが出来てこうはならなかっただろうなって思うんですけど、それがあったら素がダダ漏れになってカリスマにもなってないわけで。「尾崎豊がまた酔っ払ってナンパしてた」みたいなことばっかり書かれたりで(笑)。

坂上:なってないですね。あの歌詞とかけ離れた生活してたんだけどな(笑)。

──彼と仲よかった人はみんなそう言うんですよね。

坂上:そうですね。いつも暗い顔して写真に写ってたけど、ホントに明るくて。こっちのほうがよっぽど暗かったですから。「忍ちゃーん!」とか言って登場してくるぐらいですからね。

──それが「自由になりたくないかーい?」って歌うわけですからね。

坂上:おまえが自由すぎなんだって(笑)。

【坂上忍 公演情報】
『SHINOBU’s BRAIN IN THE SOUP HALF2』
作・演出:坂上忍
2012年6月26日(火)~7月8日(日)下北沢「劇」小劇場にて公演。
前売りチケットは絶賛発売中。
詳しくは『坂上忍オフィシャルブログ』をご覧ください。

※メルマガNEWSポストセブン18号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング