元オウム女性幹部 NHK特番の放送後、認識の甘さ思い知る

NEWSポストセブン / 2012年6月17日 16時2分

 関東地方のとある山あいにある民家。この場所でオウム真理教元幹部の深山織枝さん(仮名・50代)は、夫と2人で暮らしている。夫も元信者。いまも2~3か月に一度は地元警察が家の様子を確認に来るという。

 6月3日の夜、ニュースで特別指名手配されていた菊地直子容疑者(40才)が逮捕されたことを知った。17年にわたる逃亡生活・ニュースに深山さんの心は揺れた。

「まさかこのタイミングの逮捕なんて…」

“このタイミング”とはNHKスペシャル『未解決事件File:2オウム真理教』の放送直後だったことだ(6月2、3日に再放送)。番組の内容は衝撃的だった。1995年に起きた地下鉄サリン事件後、初めて見つかった700本にも及ぶ麻原彰晃死刑囚(57才、本名・松本智津夫)の肉声テープが公開されたほか、当時のオウム真理教の内部事情が、元女性幹部の初告白を基に再現ドラマとして構成されていた。

 その元女性幹部こそ深山さんだった。

「菊地さんのニュースを見て、ああ、本当に好きな人と巡り合って、生活を共にできたことに関してだけはよかったのかな、と思った部分もありました。もちろん、被害者のかたがたの感情や気持ちを度外視して、彼女のことだけを考えれば、ですが…。

 私は今回のNHKの取材を受けるまで、オウムの話題からは背をむけて生活していました。たまに、元信者の女性と連絡を取ることはありますが、ほとんどオウムの話をすることはなく、相手の新しい家庭の話などを聞く程度でした」

 放送後の反響は、深山さんにとって大きな驚きだったという。

「多くのかたに憎しみや恨み、悲しみといった計り知れない苦しみを与えてしまいました。それを思うと、本当に苦しくなります。

 ネットなどで番組の感想を見て、自分が考えていた以上に、世間の人々のオウムに対する憎しみが大きいことに気づきました。外から見た人にとって、オウムとはそこまでのものだったのか、と戸惑うこともしばしばで、自分自身の認識がいかに甘かったかを思い知らされています」

『未解決事件』を担当した報道局チーフプロデューサー・中村直文さんはこういう。

「オウム事件は犯人が捕まっていても、“未解決”の部分が非常に多い。そこで改めて取材を進めると、元信者たちがいまだ“終わらない人生”を生きているということがわかったんです。被害者のかたがたの思いはもちろん、元信者の実情もフラットに見つめることに心を砕きました」

※女性セブン2012年6月28日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング