戦後居酒屋年表 トリス発売からマッコリブームまでを振り返る

NEWSポストセブン / 2012年6月20日 16時0分

 大人にとってのオアシス居酒屋――。一口に「居酒屋」といってもその歴史は長く、深い。以下、終戦以後の「酒と居酒屋の歴史」を年表で振り返ろう。

1945年:終戦(メチルアルコールによる密造酒が流通)

1946年:サントリーウイスキー「トリス」発売

※1950年代にかけ各地に「トリスバー」が出現。ハイボールブームが巻き起こる

1948年:ホッピー誕生(各地に「立ち飲み」「角打ち」が復活)

1949年:酒類販売自由化で各地に飲み屋街が登場(福岡・中洲の屋台街、新宿ゴールデン街)

1955年ごろ:歌声喫茶ブーム(歓楽街には「流し」があふれていた)

1965年ごろ:第一次地酒ブーム(「越乃寒梅」が幻の銘酒として有名に)

1971年:洋酒輸入自由化(「ジョニ黒」など高級ウイスキーが身近に)

1970年:格安チェーン時代到来

※1973年~「庄や」
※1976年~「村さ来」
※1978年~「つぼ八」

1970年代後半:カラオケスナック登場(「流し」が激減)

1987年:バブル突入(居酒屋 冬の時代へ)

1987年:アサヒ「スーパードライ」大ヒット、「ボジョレー・ヌーヴォー」ブーム

1988年:トム・クルーズ主演映画の影響で「カクテル」がブームに

1991年:バブル崩壊

※酒&居酒屋の〈激安化〉と〈原点回帰〉が進行

1994年:発泡酒が登場

2003年:「森伊蔵」などプレミア焼酎ブーム、このころ立ち飲み屋が再び急増

2004年:第3のビールが登場

2005年:「十四代」ほかプレミア日本酒ブーム

2008年:やきとん・ホッピーが再ブーム。古典居酒屋が復権し始める。オシャレ系個室居酒屋が女性に大人気

2008年:リーマン・ショック

2009年:角ハイボールが大ヒット。第2次ハイボールブームに

2009年:「千ベロ居酒屋」「ワンコインバー」登場

2010年:「女子会」ブーム(ホルモン女子が登場。男の聖域を侵食開始)

2011年ごろ:マッコリブーム(韓流ブームの影響!?)

※週刊ポスト2012年6月29日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング