超節約夫婦 携帯電話充電するため電車で30分の実家に帰省

NEWSポストセブン / 2012年6月22日 7時1分

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、衣料メーカーに勤務のご主人(51歳)。奥様(48歳)からこんな要求が。

 * * *
 僕は携帯の充電を会社でやっています。自宅での節電に少しは役立っていると思うのですが、「私の携帯も一緒に充電してきてよ」と妻。それはねぇ、もし見つかったら笑い者になってしまうし、拒否ですよ。

「じゃあ、明日、実家に遊びに行って、ついでに充電してくるから」妻の両親は電車で30分くらいの所に住んでいます。親孝行にもなるし、僕も異存はありません。

 そして翌日、帰宅して11時頃に寝ようとすると、いつもは僕より早く寝床につく妻が、テレビの前から動きません。

「どうしたの?」
「お母さんがね、韓流ドラマに凝ってたの。私は見てないから、話が合わないのよ。お母さん、すごく悲しそうな表情だったわ。私、韓流ドラマをたくさん見て、次に充電しに行った時はいっぱい話をしようと思うの。アナタ、どう思う?」
「うん、いいんじゃない」
「でしょ。あと2時間ぐらい見るから、アナタ先に寝て。明後日また、お母さんの所に行くことになってるから」

 う~ん、でも、テレビの電力消費量の方が充電より何倍も多いと思うよ!

※週刊ポスト2012年6月29日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング