ランドセルに黄色い帽子嫌だった長身美少女 “世界”目指す

NEWSポストセブン / 2012年6月23日 16時0分

写真

小学時代で身長170cmあったという松川来海(16)

 長身ゆえランドセルを背負って黄色い帽子をかぶって登校するのが、嫌だったという小学校時代。そんなコンプレックスを乗り越え、テレビ番組の公開オーディションから芸能界入りを果たしたのが、松川来海(16)だ。

 2011年には「アジアスーパーモデルコンテスト」の日本代表を務め、『プチCan』のモデルにも抜擢された。今では「高いヒールを履いて歩いて、街中で目立ってやろうというくらいの気持ちです(笑い)。世界で通用する。そこにいるだけで、その場の雰囲気が変わるようなオーラのあるモデルになりたい」。歩み始めたばかりのランウェイは世界に続いている。

【プロフィール】
 まつかわ・くるみ/1996年4月6日生まれ。身長175cm。2011年5月に出演した『スター★ドラフト会議』(日本テレビ系)で芸能界入り。『プチCan』モデルなどとして活躍する。詳細はhttp://beamie.jp/まで。

撮影■中川有紀子

※週刊ポスト2012年6月29日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング