志茂田景樹 「いまの若者は恋愛の本当の素晴らしさ知らない」

NEWSポストセブン / 2012年6月26日 16時0分

写真

若者の恋愛事情について語った志茂田景樹氏

 ツイッターで多くの若者からの悩み相談に答え、その含蓄あるツイートが話題の直木賞作家・志茂田景樹氏(72才)。ツイッターを通して感じることは、恋愛、仕事、人間関係という3つの課題をきっかけに心のリズムを崩している若者が多いことだという。特に多い恋愛の悩みについて、志茂田氏の考えを聞いた。

 * * *
――フォロワーから一番多い悩みは恋愛相談のようですね。
志茂田氏:いまの若い人は素敵なラブストーリーも読んでいるし、恋愛に関する情報も色々と持っている。だけど、こういう恋をしたいなんて思っても、実質的にはなかなかできない。例えばぼくらの頃は、貧しい同士だったり障がいがあったりして、ロミオとジュリエットみたいなドラマチックな恋もできたけど、いまの若い人たちの環境はそうじゃないもの。だから恋愛の本当の味っていうか素晴らしさをよく知らないというか、感じられないのかもしれないね。

 小説も含めてバーチャルな世界で恋愛が描かれていて理性では知ってるんだけど、非常に安直な感じで恋愛というものを捉えてるのかなという気がしますね。いまの若い人はネットだなんだで意識がグローバルになってるのかと思っていたら、逆に意識が狭くなっていて、恋愛も含めて対人関係がそんなに広がってないんですよ。本当はただの異性の友人関係なのに、当人同士は恋愛だと思ってなんとなく恋人関係になっていたりね。元カノといま付き合っている彼氏が自分の友達だったり、10人前後の人間関係の中で元カノだ元々カノだなんてやってるんで、すごく狭い世界の中で色々といき違ってうまくいかなくなっている。

 ぼくらのときには、「あ、振られたのか」といっときはガクッとくるものの立ち直るんですけど、いまの若い人たちは、本当は大した行き違いじゃないのに悩み方が深刻すぎちゃうの。昔はそれが自然にわかる状況があったんですけど、要は世界が狭いからそれが見つからない。だから余計、こんなことでまだ悩んでるのって感じで悩んでいるんですよね。

 ツイッターでぼくがよく「そんな大ごとじゃないんだよ、そんなに気にしなくていいんだよ」っていういい方をする理由はそこなんですよね。恋が始まる頃の悩みってのは実は色んな意味で楽しみでもあるんですけど、その始まりあたりをスーッと過ぎてきちゃってるし、うまくいかなくなったのも恋愛としての別れじゃなくて、一種の友人関係のちょっとしたいき違いの結果という感じ。でもそこで深刻に悩んでしまっている。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング