松田聖子の再々婚 夫の元妻はショックでご飯も食べられず

NEWSポストセブン / 2012年6月21日 7時0分

<今年50歳を迎え、同世代の伴侶と新たな人生を歩きだします>

 6月13日、歯科医のA氏(49才)との再々婚を発表した松田聖子は、自身のホームページでそう喜びの報告をした。A氏は、慶応義塾大学医学部の准教授。群馬県出身で、高校時代は野球部のピッチャーとして活躍したスポーツマンだ。

 1988年に東北大学歯学部を卒業後、慶応病院に勤務。現在は、同院に勤務する傍ら、週に1回、フジテレビの診療所でも働いている。人工歯根を作る『インプラント』の第一人者といわれ、院内外からも評価が高いエリート医師だ。

 またイケメンとしても評判で、聖子の元恋人の郷ひろみ(56才)と元夫の神田正輝(61才)を足して2で割ったような顔だと、看護師や歯科衛生士からの人気も高い。そんなA氏が聖子と初めて出会った場所は、フジテレビの診療所だったという。

「2年ほど前、聖子さんは、番組の収録中に急に歯が痛くなってしまったんです。それで診療所に駆け込んだところ、たまたまAさんの担当日だったんですよ。最初は聖子さんからのアプローチだったんですが、最終的には、Aさんのほうが夢中になっていました」(テレビ局関係者)

 当時A氏には、結婚生活15年に及ぶ8才年下の妻・B子さん(41才)と2人の子供がいたが、その後約7か月に及ぶ話し合いの末、2010年12月にふたりは離婚した。

 聖子とA氏との再々婚発表に衝撃が走ったが、B子さんもそのひとりだったという。

「B子さんは何も知らされておらずニュースで聖子さんとAさんの結婚を知ったんです。ショックでご飯も食べられない状態になり、友人が駆けつけてくれて、なんとか平常心を保てたほどだったそうです」(当時のA氏夫妻の知人)

 B子さんは、そんななかでも、近所に「お騒がせして申し訳ありません…」とお詫びして回った。B子さんの両親も、怒りを隠せない様子だという。

「B子さんの両親は、Aさんの離婚の原因が聖子さんにあったのなら、“絶対に許せない”と怒っているようです。祝福ムードで報じられていることにも、“人の家庭をめちゃくちゃにして、何をいっているんだって…”と憤ってました」(前出・知人)

※女性セブン2012年7月5日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング