東電値上げ案内でせっせと節電&エコ家電にハマるケチダンナ

NEWSポストセブン / 2012年6月25日 16時0分

 普段はダラダラしているばかりのバカダンナが、ハマると意外に活躍することも。東京都に住むYさん(46)のバカダンナ(53)は、何かというと「面倒だし、もったいない」などと言っては旅行や買い物を否定。でも1度ハマるとオタクぶりを発揮し、徹底して“○○一色”に――そしてこの夏は珍しく、“いい仕事”をしたらしい。

 * * *
「電気料金値上げのお願い」って、東電から届いたふざけた案内。それを見たうちのバカダンナがものすごい反応で、まずは「エアコンは、今年は一切使わない」と宣言。それから「テレビはやめて、ケータイでワンセグ見るのに切り換える」って。

 冷蔵庫にしこたまアイス入れて、よく夜中に起き出してはごそごそ食べてたのも「冷蔵庫の開け閉めはいかん、アイスはホントに食いたくなったら、その都度コンビニに買いに行く」と、“あー。久々にハマったわ”と思ってました。

 ところが私が友達と食事して遅く帰った日、蒸し暑かった上に、扇風機が調子悪かったらしくて、しかもサッカーの大きな試合中継のある日で……テレビは点けっぱなし、使わない宣言していたエアコンもなぜか電源オン。しかもコンビニで買ってきた「ガリガリ君」の箱アイス一気に全部食べて、冷蔵庫みたいに冷え冷えの部屋でグーグー寝てたんですよ。

 さすがに起こしたら「最近どうもムシムシして寝不足だったから、エアコンつけたらつい気持ちよくて寝ちゃって。サッカーはワンセグだとよく見えないし……」って言い訳たらたら。さすがに反省したかと思ったら、「よし、今年はムリせず節電する方法に切り替えよう!」って、あの時の決意表明は何だったのよ!?

 早速ネットの情報をチェックしていたかと思ったら、何やら大興奮。「見ろ! この『エコナビ』なら、ラクに、ムリなく、まるっと節電をナビしてくれるぞ!!」とサイトを見つけて大喜びです。

 ダンナがまず目をつけたのは、冷蔵庫。10年以上前に買った省エネモデルなんですが、なんか消費電力を計っていると思ったら、「おおお、これは1万7000円も年間電気代がかかってる。もっとでかいのにしても、年間4200円で済むぞっ!」って大騒ぎ。

 今使ってる、たった380リットルの旧型の冷蔵庫よりも、最新の501リットルのトップユニット冷蔵庫の方が、年間1万以上電気代が節約になるっていうのにはビックリですけどねぇ。「冷蔵庫はある程度以上大型の方が、モーターが大きくなって効率が上がるんだ。だから501リットルに買い換えた方が断然おトク」と、物凄い勢いで言うんですよ。しかもエコナビなら、使うパターンを冷蔵庫が記憶して省エネ運転もするんですって。

 そして次にバカダンナがロックオンしたのは、エアコン。「お前知ってるか。家庭の電力一番使っているのがエアコンで25.2%。次に冷蔵庫と照明器具で16.1%。エアコンも最新の省エネに買い換えよう」って。我が家はダンナが脂肪着込んでるようなもので、夏場はエアコンつけまくりだったから、もっと使用電力比率が高かったかも。

「エアコンはホコリが溜まると、いきなり冷房効率が落ちるんだ。だから、毎週掃除しなくちゃいかん」なんて言い出したので、「冗談じゃないわ! 自分で掃除やってちょうだい」と、これにはさすがに文句を言ったら、「いや最近は、エアコンはお掃除ロボットで自動できれいになるんだ。だから買い換えたら掃除もえらく簡単になるぞ」って。それならいいかも?

「だから『お掃除ロボット』がついてるのと、『ヒト・モノセンサー』がついてて、人間のいるとこを狙って冷・暖房してくれるのがいいんだ」と、いそいそ購入機種を決定。「俺今度から8畳間に寝るから、エコナビのエアコンそこに入れるよ。最低110ワットで運転するから一旦冷えちゃえば、あとは電気代もそんなにかからないし」

 どうもよくよく聞いたら、自分の寝る部屋だけエコナビ冷房にして、そこに32型の省エネ液晶テレビ入れて、冷蔵庫はでかいのに買い換えて「ガリガリ君のソーダとプレミアムと梨味のやつ全部入れとこう」という腹づもりらしい。まあ、電気代は3分の2くらいになるっていうから、それでもおつりがくる計算か。

 次にチェックし始めたのは、LEDシーリングライトのカタログで、「エコナビ点灯だと、省エネ70%って凄いぞ!」ってまた大興奮。しばらく我が家のエコナビ化は続きそうです。

 ただの面倒くさがりのケチかと思ってたけど、意外と役立つオタクぶりと“買う”と決めた時の決断力を見て、ちょっと見直したかも。ムリなくラクに節電できて、電気代もずいぶんおトクになったから、ガリガリ君くらい許してあげるか(笑)。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング