萬田久子の事実婚夫の遺産 愛人の娘に法定の2.4倍相続

NEWSポストセブン / 2012年6月28日 7時0分

 昨年8月9日にスキルス性胃がんのため60才で亡くなった、萬田久子(54才)の事実婚の夫、アパレルメーカー元社長・佐々木力さんが遺した、総資産200億円ともいわれる莫大な遺産の行方に注目が集まっている。

 佐々木さんには計5人の子供がいた。離婚した前妻との間に3人の子供(1男2女)、事実婚の妻である萬田との間に男の子、さらに萬田と事実婚状態にあったときの愛人・A子さん(41才)との間にもうけた3才になる女児の5人だ。

 遺言がない場合、内縁の妻で入籍していない萬田には法的に相続権はなく、25年連れ添ったといえど、1円たりとも遺産を受け取る権利はない。相続人となるのは、前述した5人の子供たちのみだ。その配分について、相続問題に詳しい福田俊彦弁護士はこう説明する。

「法律的には、萬田さんの子とA子さんの娘さんはともに非嫡出子で、相続分は嫡出子である前妻の子供たちの半分となります。つまり前妻の3人の子供たちが4分の1ずつで、萬田さんの子とA子さんの子は、その半分、8分の1ずつとなるんです」

 しかし、実際には、この法定相続分とは異なる相続が行われていた。

 高級住宅街として知られる東京・自由が丘にある約200坪の土地。ここは萬田と佐々木さんが約20年にわたりともに過ごした思い出の地だ。佐々木さんが亡くなる直前、夫婦は家の老朽化と将来のことを考え、建て替えを計画した。工事もスタートしていたが、佐々木さんは完成を待たずして、この世を去る。現在、工事はストップし、土地は完全な更地となっている。

 この土地が遺産相続の対象なのだが、今年6月に、名義が、佐々木さんから5人の子供たちに書き換えられていた。驚かされたのは、5人のうち最も多い持ち分を得ていたのが、愛人・A子さんの娘だったことだ。

 前妻の2人の娘たちが200分の39ずつ、息子は200分の29、そして萬田の長男が200分の33の持ち分となっているが、A子さんの子だけが200分の60と、法定の相続分より2.4倍も多く譲渡されているのだ。

 地元の不動産業者によれば、この近辺の土地単価は坪250万円ほど。つまり200坪で5億円は下らないはずで、A子さんの娘は約1億5000万円を相続した計算になる。前述したとおり、本来であれば、萬田の長男とA子さんの娘は同じ額を相続できるわけだが、このような配分になったことについて、前出の福田弁護士はこう説明する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング