1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

自宅25軒持つアニキ 人のために金使ったことで大富豪になる

NEWSポストセブン / 2012年7月9日 16時0分

 インドネシア・バリ島の住民で「アニキ」こと丸尾孝俊氏(46歳)のことを知らない人はいない。食うにも困るほど貧乏だったアニキは、日本からバリに渡り、いまや「試算することができないほどの資産」を持つ、超ウルトラ大富豪になった。

 アニキは不動産ディベロッパーとして大活躍。いまや30社のオーナーで、かかえる従業員は5300人、自宅は25軒という世界レベルの大富豪だ。アニキはいかにして成功したのか。「金持ちになるとっておきの秘訣」を、直々に指南してもらった。

【給料を3日で使い切ってもおごるんや】
 アニキが大富豪になった最大の理由。それが、「人のためにお金を使う」こと。

「バリにきた時な、派手な服装して、毎晩どんちゃん騒ぎしながら地元の人におごりまくってたら、金持ちと勘違いされてな。お金を借りにきた人たちに貸しまくって、気がついたらほぼ無一文になっとんたんや」(アニキ)

 持っていた数千万円はあっという間に18万円に。しかし、「人のために金を使った」アニキにはドカーンとお金が返ってきた。お金を貸していた1人が「借りたお金が返せないから、私が持ってる土地でお返ししたい」といって、荒れ果てた土地をくれた。なんと数年後、その土地が3億円近くで売れたのだ。

「お金は人のために使い続けることや。先輩だったら後輩にメシをおごる。オレはすごい時なんかはな、おごりすぎて、給料日の3日後にすっからかんになったで。でもやり続ければ、必ず自分が豊かになるからな」

 そういうとアニキはガハハハと豪快に笑った。

【給料で足りないならアルバイトすればええねん】

 しかし、後輩におごる金がない場合はどうするのか。

「もし給料だけで足りないんやったら、副業やアルバイトでもすればええねんて。つながりを育むためのお金は、アルバイトをしてでも稼いだほうがええんや。オレは実際そうしとったよ」

 見返りを期待したらあかんぞ、と念を押しながらアニキが続ける。

「『神様貯金』だと思うとればええんやて。どっかから、誰かから、いつか返ってくる貯金やと思って、後輩にボーボーおごってやればええねんて」

※週刊ポスト2012年7月20・27日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング