習近平副主席妻 軍芸術部門トップ就任でやり過ぎを懸念する声

NEWSポストセブン / 2012年7月25日 7時0分

 中国の次期最高指導者、習近平・国家副主席の妻、彭麗媛さん(50)が近く、中国人民解放軍総政治部直轄の軍事芸術学院長と、総政治部歌舞団長に就任することが分かった。

 これは軍総政治部歌舞団の元専属作曲家で、中華文化促進会秘書長の郭洪均氏が中国のインターネットニュース「新浪微博」に明らかにしたもの。

 彭麗媛さんは昨年11月中国文化聯合会副主席に選出されるとともに、同12月には「中国の文化・芸術界では最高の賞」である中国芸術文科賞を受賞したが、「習氏の箔付けに、彭麗媛に賞が授与された。あまりにも身びいき」などとの批判がネット上で巻き起こっていた。さらに、今年は5年に1度の党大会が開催され、夫の習副主席が党総書記に選出されることは確実で、世論の動向を見据え、タイミングを計ったうえで、正式発表されそうだ。

 彭麗媛さんは14歳で、郷里・山東省の山東芸術学校に入学し、その歌唱力が認められて、18歳で地元の中国人民解放軍部隊の軍楽団員(名目は兵士)として入隊し、22歳のときに、難関中の難関と言われた人民解放軍総政治部歌舞団に入団を果たした。歌舞団は主に地方の第一線の部隊の慰問のため、歌や劇を披露するものだが、歌舞団員は芸に専念できる環境が整えられることや、中国全土のほか、海外公演などもあり、極めて恵まれた将来を約束されることで、非常に人気がある。

 彭麗媛さんにとって総政治部歌舞団は“古巣”だけに、その団長に就任することは非常な栄誉に違いない。さらに、軍全体の芸術活動を統括する軍事芸術学院長ともなれば、軍の芸術部門の最高責任者であり、習近平氏の軍への影響力も強まるとの計算があるとみられる。

 中国では一族郎党のなかで、一人が出世すれば、その飼い犬も天に昇るといわれるほどで、親兄弟はもちろんのこと、親戚、縁者までが、その権力の恩恵を受けるといわれるが、いくら人気があったとはいえ、現在の彭麗媛さんは単なる主婦であり、「あまりにもやり過ぎ」と米国を拠点にする中国専門ニュースサイト「多維新聞網」は批判している。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング