見た目気にする“綺麗男”ブーム到来 中高年男性にも波及

NEWSポストセブン / 2012年7月24日 16時0分

 夏本番を前にして、男の美容がアツい――リクルートのビューティワールド総研が昨年末、25~49才の男性を対象に行った調査によると「普段から肌の調子を気にかけている」のは25~29才男子の17%、「窓ガラスやショーウインドーで自分の姿をチェックすることが多い」のは同18%で、いずれも全体平均の倍以上だった。若い世代においては、スキンケアやヘアケアなどが、女性同様“日常的”になっている男性が多いと同総研は分析している。

 実際、男性用スキンケア商品の売り上げは増加の一途で、男性皮膚用化粧品の市場規模は2010年に194億円と、前年比33億円の増加だ(経済産業省調べ)。

 こうした若者の「清潔男子」「綺麗男」ブームが、中高年男性にも波及し、美容への関心が高まっているとマーケティングライターの牛窪恵さんは分析する。

「多くの女性たちは最初、『男のくせに』と敬遠していたけれど、男性がケアすることで体臭や暑苦しさが防げるのはいいよね、という風にとらえ方が徐々に変化してきました。また、昔は年をとると外見への意識が薄れ、『若い男たちは、トイレの鏡の前から動かないから手が洗えない』などと嘆いていたおじさん世代の男性も、メタボ検診が始まって体形を気にし始めたうえ、女性たちの視線の変化にも気づき、美容に関心を持つようになってきたのです」

 しかし、40代以上の女性100名にアンケートをとったところ、外見を気にする“綺麗男”に抵抗があると答えた人は75%。

「身だしなみは必要だが、やりすぎは気持ち悪い」(43才・主婦)

 と、まだ抵抗感のある女性も少なくない。

※女性セブン2012年8月2日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング