中国版ジャスミン革命 いつでも起こり得ると国境なき記者団

NEWSポストセブン / 2012年7月30日 16時0分

 中国警察当局は、中国語のマイクロブログ(微博=ツイッターとフェイスブックの要素を併せ持つミニブログ)に対して「社会に悪影響を及ぼしている」と非難して監視を強めているが、警察による監視以外に一般的な当局の監視方法として知られているのは“5毛党”だという。一体これは何なのか。

 苛烈極める中国国内の言論統制の実態を、言論の自由の擁護を目的としたジャーナリストによる非政府組織である「国境なき記者団」アジア太平洋デスク、ベンジャミン・イシュマル氏が報告する(文中敬称略)。

 * * *
 5毛党とはネット上で政府寄りのコメントを発信する匿名集団で、1件あたり5毛(1元の半分、約6円)で政府に雇われている。彼らは政府のプロパガンダを流すばかりでなく徹底的な監視もする。

 5毛党はネットユーザーがデリケートな問題、情報を流したり、あるいは政府批判の文言を書き込んでいるのを見つけると、猛烈な非難の嵐を巻き起こし、ユーザーの発信する気力をくじく。

 ネット企業そのものもこの監視・規制の任務を果たす。中国の4大ネット媒体のひとつ、新浪微博は政府寄りのサイトだ。

 例えば、世界的に著名な芸術家の艾未未(アイウェイウェイ)が、ブログを理由に警察官から暴行を受け、自宅軟禁の身となった一件では、新浪微博は彼の拘束関連の内容をすべて遮断し、「艾未未」をキーワードで検索すると「関連法規および政策に基づき検索結果は表示しない」と表示される。

 また「アラブの春」や「ウォール街占領」など市民運動に関連する情報やワードは規制されている。「ジャスミン」「エジプト」も禁止だ。中国の都市名の後ろに「占領」という言葉を入力することはできない。例えば「北京占領」などだ。

 中国語のグーグルにはたくさんのフィルター・ツールが付随している。例えば、「天安門の人々」というキーワードを入力した時、天安門事件の際に天安門広場で戦車の前で写真を撮影した有名な“戦車の男”はヒットしない。

 中国政府はこれら規制について「安全」を保持し、中国文化を拡張するものだとして「健全なインターネットを!」というスローガンを掲げ、正当なことだとうたっている。

 規制・監視が強まる一方で、インターネットという情報ツールは、中国のネット市民にとって、情報を共有し、楽しむ場としてなくてはならない存在になっている。そのインターネットによって化学工場建設反対に2万人以上の人が集まり、そして、行方不明になった人権弁護士や反体制ブロガーたちの所在を、当局に仕方なく公表させる結果となっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング