錦戸亮、決意の理由 「センターを担えない」「俳優をやりたい」

NEWSポストセブン / 2019年3月14日 7時0分

「去年の夏前にメンバーは何度も話し合いました。ただ、本当のところ錦戸くんは当時から気持ちが揺れていた。“1人でも欠けたら関ジャニ∞じゃないんじゃないか”“解散したい”とメンバーには本音を打ち明けていたんです。一方の安田くんは“けがで最高のパフォーマンスができないし、渋谷が出ないならやるべきではないのではないか”とツアー強行には反対だったが、解散は考えていなかった。メンバーの意見は割れていたが、時間をかけて気持ちを一つにしていったそうです」(音楽業界関係者)

 6人で頑張ろう。結論は出たはずだった。しかし、錦戸の中では「脱退」への思いが強くなっていった。

「メインボーカルだった渋谷くんが脱退して、メインになってから“ぼくはセンターの器じゃない”とこぼすことも多くなっていった。1月末の嵐の活動休止発表にもショックを受けたようです。“1人でも欠けたら嵐ではない”という理由を聞くと、じゃあ、自分たちは一体何なんだと思ってしまったのかもしれません」(前出・音楽業界関係者)

◇あの“親友”も影響した

 関ジャニ∞の中でも錦戸は異質の存在だった。関ジャニ∞デビュー前に俳優としてテレビドラマに出演。朝ドラ『てるてる家族』(2003年、NHK)をはじめ、二宮和也(35才)と出演した『流星の絆』(TBS系)や主演を務めた『ごめんね青春!』(TBS系)など宮藤官九郎(48才)作品にも数多く出演。昨年は大河ドラマ『西郷どん』に、現在は月9の主演を務める。

「昨年2月も1つの転機になったようです。主演映画『羊の木』で、『第22回釜山国際映画祭』のキム・ジソク賞受賞をはじめ、『第53回シカゴ国際映画祭』、『第37回ハワイ国際映画祭』にも正式出品されるなど、海外で高い評価を浴びました。

 渋谷さんの脱退会見の時、錦戸くんは“自分がやりたいことを見つけたすばるくんの決断を尊重したい”と言っていましたが、錦戸くんも俳優の道一本でやっていきたいと心が固まっていったようでした」(芸能関係者)

 親友の存在も、錦戸を揺らがせた。赤西仁(34才)だ。赤西は2006年にKAT-TUNとしてデビューするも、2010年に脱退。2014年に事務所も退所した。

「錦戸くんと赤西くんの仲のよさは有名でした。赤西くんはその後テレビで見る機会は減りましたが、最近、飲食店経営などを手がけ、かなり成功しているようです。ハワイに別荘を購入し、気が向いた時には長期滞在する悠々自適の生活です。2012年には女優の黒木メイサさん(30才)と結婚して、2児の父でもある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング