古舘伊知郎の母ががんで死去当日も「報ステ」は通常通り放送

NEWSポストセブン / 2012年7月27日 16時1分

 古舘伊知郎(57才)の母・安也子さんは5月28日、84才でこの世を去った。最愛の母が患った病気は、1991年3月に亡くなった姉・恵美子さん(享年42)と同じく“がん”だった。

 古舘は安也子さんを、姉が亡くなったA病院に入院させたのだが、古舘がこの病院を選んだのには理由があった。

 姉の恵美子さんは、がんが発見される前、体調不良を訴えて違う病院で診察を受けていた。しかし、何度通っても、返ってくる答えは“大丈夫”という言葉だけだった。ところが、病院をA病院に変えて精密検査をしたところ、がんが発覚。古舘の知人がこう話す。

「古舘さんには、“最初から恵美子さんがこのA病院に通っていたら助かっていたはず”という思いがあるんです。結果として恵美子さんはA病院で亡くなってしまいましたが、先生たちは最期まで諦めず、家族とともに闘ってくれたそうです。ですから、“A病院なら母を救ってくれるかもしれない”という気持ちで、この病院に決めたそうです」

 現在、月曜から金曜まで生放送のニュース番組『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスターとして、多忙を極める古舘だが、姉のとき以上に、献身的に看病したという。

「朝早く起きて、病院に通うために、それまで恒例だった番組終了後の食事会には、ほとんど顔を出さなくなりました。病院に行って母親の顔を見てから、局入りするという日々を送っていたそうです。土日は朝から晩まで、奥さんを連れて病院に行き、一日中看病する日もあったみたいですよ」(前出・知人)

 古舘の懸命な看病──そこには亡くなった姉との約束があったという。

「恵美子さんは亡くなる前に、古舘さんに“お母さんを頼んだよ”と託したそうです。きっとその約束を果たすために、最期までお母さんと一緒に闘い続けたんだと思いますよ」(前出・知人)

 だが、古舘の願いは届かず、5月28日夜、『報ステ』放送の数時間前に、安也子さんは息を引き取った。その訃報を古舘は打ち合わせ中だった局内で聞いたという。姉のときと同様に、今回も仕事で母の最期を看取ることはできなかった…。

「生前、安也子さんは“私の死を家族以外の人には、できるだけ知らせないでほしい”と古舘さんに語っていたそうです。それは“息子の仕事の妨げにならないように”という、安也子さんの最後の願いだったんです」(前出・知人)

 母が亡くなってから数時間後に始まった『報ステ』の生放送。その日もいつもと変わらぬ様子で、淡々とニュースを伝えた古舘。それこそが、天国の母が望んでいた息子の姿だったことだろう。

※女性セブン2012年8月9日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング