イチローの次なる人生、日米行き来し「侍ジャパン総監督」も

NEWSポストセブン / 2019年3月24日 7時0分

8回、交代で退き、歓声に応えるマリナーズのイチロー(時事通信フォト)

 日本での凱旋試合を花道にイチロー(45)が引退を発表した。観客席の声援に手をあげて応え、チームメイトと抱き合う表情からは「やりきった」という思いが感じられた。

 引退会見後、すぐさま米国へ戻ったイチローだが、「日本からのテレビやCMの出演オファーがすでに殺到しているようだ。これからは日米を行き来する生活になるだろう」(スポーツ紙記者)と見られている。

 イチローは過去に国民栄誉賞を2度打診され、現役であることを理由に固辞している。今年中に授与が決まることも十分考えられる。

 今後、日米通算4367安打のレジェンドにファンが望むのは、指導者として日本球界に関わってもらうことだろう。

「来年に東京五輪を控える侍ジャパン(野球日本代表)に何らかの形で関わることは十分考えられそうです。稲葉篤紀・監督(46)はイチローの1歳年上。2人はともに愛知県生まれで隣町に育ち、同じバッティングセンターに通っていた。高校時代から対戦も多く、お互いをリスペクトしている。稲葉監督は“イチロー選手は侍ジャパンの一員。選手にどんどん声をかけてほしい”とも話しています。

 イチローも侍ジャパンを気にかけているようで、昨年末は神戸での自主トレに五輪で中軸に座ることが期待される清宮幸太郎(19・日本ハム)を誘った。稲葉監督との関係性を考えれば東京五輪に“総監督”“助監督”などの肩書きで参加するサプライズもあるのでは」(全国紙運動部記者)

 イチローにはユニフォーム姿が一番よく似合う。2009年WBCなどで日本代表を何度も救ってきたイチローが侍ジャパンの“一員”としてグラウンドに現われる姿を見たい。

※週刊ポスト2019年4月5日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング