スポーツバー「五輪じゃ儲からない理由」社会学者が冷静に分析

NEWSポストセブン / 2012年8月2日 16時0分

 佳境を迎えつつあるロンドン五輪。選手たちの雄姿とともに、熱い声援を送る家族や同僚、応援団・ファンたちの様子が連日、テレビに映し出され、オリンピックならではの祝祭ムードを感じさせる。近年ブームのスポーツバーもさぞかしホクホクと思いきや、実はそうでもないようだ。

 普段からサッカーを中心にスポーツ放映を行なっており、五輪中はサッカー以外の競技も放送している都内の飲食店経営者が言う。

「オリンピック中は正直、厳しいです。サッカー以外は、お客さんは入らないですね。ロンドンなので時差の影響も大きいと思うけど、じゃあ北京のときに賑わったかと言われれば、やっぱりそうではない。家でくつろぎながら、ゆっくり見たい人が多いんじゃないですか。スポーツバーに限らず、飲食店はどこも厳しいと思いますよ」

 男女ともに好調なサッカーの試合日は満員になるようだ。それでも、観戦に夢中になってしまうとファンは酒をあまり注文しないため「定額制」などのシステムをとることが多いという。

「サッカー観戦という点でいえば、オリンピックよりW杯のほうがお客さんは入ります。やっぱりA代表のほうが人気ありますから。それでもサッカーは、海外へ出ていく選手が増えて、バーでビールを飲みながら皆で観戦するというスタイルが定着しつつある。一方、他の競技は、なかなかね。関塚ジャパンとなでしこが頼みの綱です(笑い)」(前出・飲食店経営者)

『映画に学ぶスポーツ社会学』の著書があり、スポーツ社会学が専門の関西大学・杉本厚夫教授に、スポーツバーが盛り上がらない理由について聞いた。

「スポーツバーに集まる人には、皆と一緒に応援したいという“集合行動”欲求があります。それを満たすには、応援パフォーマンスがある程度、固まっている必要がある。サッカーや野球にはそれがあるけれど、柔道や水泳にはない。日本人が強くても、どう応援してよいかわからなければ一体感は得られず、スポーツバーに集まる目的が達成されないのです」

 さらに、ロンドン五輪ならではの特性もあるという。

「今回からネット中継が始まりました。地上波とBSで放送しない種目が対象ですが、ネット放送を見ながらツイッターで呟く。あるいはテレビを見ながらでも、SNSで交流する――ネットにはテレビ解説にはない本音が広がる世界があり、リアルの世界で集まって見るのとほぼ同様の興奮が得られます。スポーツバーに集まるのはもともと若者が多いですから、彼らがネットやSNSを使った観戦に流れている可能性もありますね」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング