節約アドバイザー「ネットスーパー利用で年100万近く節約」

NEWSポストセブン / 2012年8月3日 7時0分

 近ごろ、急速に利用者を増やしているといわれているのがネットスーパー。節約アドバイザーの丸山晴美さんも、「私ほどネットスーパーを“徹底的に”利用している人はいないんじゃないかなと思います!」と話している。

 丸山さんがネットスーパーを利用するようになった、いちばんのきっかけは、長男の誕生。近所へ買い物に出る30分の間も惜しかった丸山さんにとって、家にいながら(冷蔵庫の中身を確認しながら)、自宅まで品物を届けてくれるサービスは無駄な買い物が防げるうえ、時間も節約できる救世主的存在だったという。

「幸い、私の住んでいる地域は複数のネットスーパーを使える地域にあるんですが、ヘビロテしているのは、イトーヨーカドーネットスーパー。もともと送料が高いというわけではないんですが(315円)、80円になるサービスデーには、受け付け時刻と同時にログイン(笑い)。考えてみてくださいよ、“足”がなくても買い物できる。つまり、車を持つ必要がないんです。車の維持費だけで年間数十万~100万円をトクする計算になります」

 そんな、ネットスーパーマニアな丸山さんの、おトクな利用術ってどんなものなのだろうか。最初のキーワードは「まとめ買い」だという。

「私の買い物スタイルは、10日に1回ネットスーパーでまとめ買いをするのが基本。広告に載っていた“あじの開き1枚80円”を10枚まとめ買いして、1枚ずつラップをしたらジップ式の袋に入れて冷凍保存しています。それにまとめ買いで総額が大きくなれば、送料が無料になることもしばしば。また牛乳や納豆など、いつも買う自分の定番を決めておくと、(ショップによっては)“お気に入りホルダー”に登録でき、次回からの購入が簡単になるという利点もありますよ」(丸山さん)

 さらに「サービスデー」などのお得な割引を最大限に利用するのも重要だ。

「イトーヨーカドーネットスーパーは、8のつく日に送料が80円になるので、人気の配送枠はすぐに締め切りになってしまいます。だから受付を開始する時刻=7のつく日の17時(~8がつく日の23時59分まで)ちょうどに、PCの前でスタンバイ。そして、何か1商品でも先に決済(購入するを押す)。そうすると追加修正が時間内に何度でもできるんです。当然、私は8のつく日に5%引きになるセブンカードで決済!」

※女性セブン2012年8月16日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング