小泉孝太郎、芦名星と連泊愛 愛犬を連れてデート撮

NEWSポストセブン / 2019年5月8日 16時0分

足元の愛犬に視線を送るマスク姿の孝太郎と芦名

 10連休の最終日、東京の湾岸エリアを、小型犬と散歩するマスク姿の男女がいた。リードを持つ女性の後ろを、男性が追いかける。時折周囲を警戒するこのふたりは、小泉孝太郎(40才)と芦名星(35才)。散歩を終えるとふたりは、孝太郎の自宅マンションへと帰っていった。

 その3日前、孝太郎は自身がパーソナリティーを務める、ラジオ番組『Antenna K』(bayfm78)で、「GWにドラマの撮影が入っていないのは久しぶり。残り3日、東京で楽しもうと思います」と話していたが、楽しむ相手が、芦名だったのである。

 実は、孝太郎と芦名の仲睦まじい姿はこの1か月で何度も目撃されている。例えば、東京・西麻布のバーでふたりが肩を並べて飲んでいたのは4月中旬のことだった。

「この店は孝太郎さんの行きつけで、最近、芦名さんとよく来ていますよ。オープンなバーなのでさすがにふたりっきりはなく、彼の知人と一緒に来ています。ふたりはカウンターに隣同士に座り、ずっと話していて、かなり仲のいい雰囲気でした」(常連客)

 さらに件のラジオ番組の前日の夜には、都内の有名鳥料理店で孝太郎の知人らと、グループデートを楽しんでいた。その日、芦名は孝太郎の自宅に帰っていった──ふたりはどういった関係なのか。

 孝太郎と芦名は2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』で共演。今年1~3月期のドラマ『グッドワイフ』(TBS系)では、芦名が孝太郎の“元カノ”役としてゲスト出演をしていた。

「7年ぶりの共演だったようです。それまでふたりが私生活でも仲がよいと聞いたことはない。『グッドワイフ』で再会したことで、親密な関係になっていったのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 

 孝太郎といえば、スキャンダルから縁遠い男として知られる。

「2年前に一般女性との交際はありましたが、自然と破局してしまったと聞いています。彼は交際には慎重なんです」(孝太郎の知人)

 彼の父親は、言わずと知れた小泉純一郎元首相(77才)。小泉家は元衆議院副議長の又次郎氏、防衛庁長官を務めた純也氏、純一郎氏、そして現在衆議院議員である進次郎氏(38才)と代々続く大物政治家の家系だ。孝太郎は俳優になったとはいえ、小泉家の長男という立場に変わりはない。

「最近、純一郎さんが“そろそろ孫の顔が見たい”と言い始めているんです。彼も80才を目前にして、小泉家の跡取り問題を考え始めているのかもしれません。進次郎さんも未婚ですし、孝太郎さんが結婚して子供ができれば、将来、政治家になることを期待される。政治家一家にとっての結婚は一大事なんです。慎重になるのは当然です」(前出・孝太郎の知人)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング