山口達也、家賃7万円の単身生活と囁かれる「復帰説」

NEWSポストセブン / 2019年5月17日 7時0分

激変したリハビリ姿

 昨年5月にTOKIOを脱退し、ジャニーズ事務所を退所した山口達也(47才)の近況が明らかになった。

 昨年4月、自身が司会を務める『Rの法則』(NHK Eテレ)で知り合った女子高生2人を自宅マンションに呼び出し、強引にキスを迫った山口。女子高生が警視庁に被害届を出したことで事件が明るみに出た。

 事件発覚後、山口は都内近況の療養施設に入院し、双極性障害(いわゆる躁鬱病)の治療に専念していたという。そして、昨年夏ごろには退院し、その後は通院しながら、リハビリやカウンセリングを続けている。

 事件当時、山口は家賃100万円ともいわれる都心のタワーマンションに暮らしていたが、昨年の退院後すぐに引っ越し、今は都下のワンルームマンションに単身で暮らす。

「ここは家賃相場は7万円台。主に大学生や新社会人が住んでいる物件です。芸能人? 住んでいないと思いますよ」(地元不動産業者)

 近所で山口を知る人はいない。ひたすら散歩を繰り返す日々を送る。

「少しのぜいたくもしてはいけないという修行僧のような生活です。事件発覚前、山口さんにはテレビのレギュラー番組が5本ありました。なかでもソロで出演していた『ZIP!』(日本テレビ系)は1本90万円、『幸せ!ボンビーガール』(同)は1本120万円と高額なギャラを稼いでいましたが、不祥事で収入がゼロに。加えて、TOKIOで出演したCMなどは撮り直しになり、テレビ、CM合わせて総額3億円の違約金を請求されたという報道もありました。

 当時、山口さんはタレント業のほか不動産などで多額の資産があるといわれていましたが、今は手元に蓄えがほとんど残っていないはず」(テレビ局関係者)

◆息子の身長を知り、涙を流していた

 山口がよく訪れる場所がある。自宅から徒歩15分ほどにある信頼する兄の自宅だ。

「事件発覚直後から、お兄さんが付きっきりで山口さんを看病していました。病院を退院した後も、お兄さんが日々の生活や通院を手伝っています。

 山口さんは毎日のようにお兄さんの自宅を訪れて、治療の進み具合や体調などを報告しているようです。お兄さんの支えがあるから、もうお酒に頼ることもなくなったと聞いています。つらい闘病が続く彼にとって、心を落ち着けられる数少ない場所なのでしょう」(山口を知る人物)

 もう1つ、山口の支えになっているのは2人の息子の存在だ。山口は知人の紹介で知りあった5才年下のA子さんと2008年に結婚し、同年に長男、2010年に次男が誕生した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング