皇室の未来に起こりうる事態、愛子さまの婿探しが困難に

NEWSポストセブン / 2019年5月24日 16時0分

「愛子天皇」の誕生はあるのか(写真/JMPA)

 皇室典範改正論議は「女性宮家」を創設するか、「女性天皇」を認めるか、「女系天皇」はどうか、といったところが軸になるが、他にもある。

◆宮家の女性皇族も皇位継承者に

 皇室には、三笠宮家に彬子女王と瑶子女王、高円宮家に承子女王がいる。「女性天皇が容認されれば、女王殿下方にも皇位継承権が発生すると考えられます」(皇室ジャーナリスト・神田秀一氏)

◆三笠宮家と高円宮家が存続

 京都産業大学名誉教授の所功氏は、皇室活動を維持する方法を提唱する。

「三笠宮家と高円宮家には女子しかおられないので、各家1人は女子でも当家を継ぐことを容認すれば、宮家の断絶と皇族の減少を防ぐ対策となり得る」

◆愛子内親王の婿探しがより難問に

 民間人が皇室入りする場合、身辺調査が行なわれる。

「それが、“愛子天皇”の夫となるのであれば、さらに厳しいものになる。小室さんの一件もあり、宮内庁も手は抜けない」(皇室記者)

◆旧皇族が公務を手伝う

 戦後、11宮家が皇籍を離脱した。その子孫が現在は民間人として暮らしている。

「そういう人々が皇族に戻ることは難しいが、旧皇族の子孫として格別に立派な方ならば、皇室の公務を手伝ってもらう方法も検討に値する」(前出・所氏)

※週刊ポスト2019年5月31日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング