塩谷瞬 父に電子レンジ投げ殺そうとするも竹刀で反撃された

NEWSポストセブン / 2012年8月17日 7時0分

 モデルと料理研究家との二股騒動で脚光を浴びた俳優・塩谷瞬(30)。母親の顔すら覚えていないという彼は小学校時代に不登校になり、極貧の生活を送ったという。そして、父とも別れを迎える……。プロインタビュアー・吉田豪氏が塩谷と父との別れについて斬り込んだ。

――お父さんとはいつぐらいから会ってないですか?

塩谷:いつだろう? まあ、15歳ぐらいのときに、最後、ほんとにちょっと死闘があって。

――……死闘ですか?

塩谷:最後、もう家のものをすべて焼き尽くして、やつは俺を殺しかけて逃げていったので。警察が来て、もうそこからは会ってないですよ。まあ、僕も引越しをしたので……。

――それ、ほんと文字通りの死闘じゃないですか!

塩谷:まあ、僕は働いてたから、不良親父は最悪だし憎んでたけど、やはりいないと寂しいし、何度か許してあげたんですよ。一緒に住もうぜみたいなことで。僕も一人じゃ家を借りれないし。そういうときに、何回か連続して僕のお金を全部持っていったんですよね。

――え! そんな大変な思いをして稼いだお金を。

塩谷:そう。家賃と水道代、電気代、ガス代と、あと、学費がたまってたのが10万ぐらいあって、それがなくなったときに、ああ、もうこいつぶっ殺すと思って。で、親父が寝てるとこに電子レンジを思いきりバーンと投げたんですよ。

――電子レンジを!

塩谷:でも、あの時代の人ってものすごく強くて、親父は剣道も県大会で優勝していて、体もでかいんですよ。180何センチで。だから、そういう人に電子レンジを一個投げたぐらいじゃ死ななくて(笑)。

 すぐいろんなものを投げ返されて、向こうのほうが腕力が強いわけじゃないですか。僕はやせてるし。で、「あっ、死ぬ」と思って、パッと外へ出て、金属バットを持って最終決戦みたいな感じになったんです。僕、金属バットで絶対勝てると思ったんですけど、向こうが竹刀を持ってきて。

――竹刀じゃ弱いけど、剣道をやってるから……。

塩谷:そう! だから太刀筋が見えないじゃないですか。パンパンパンって食らって非常階段からババーッと落ちて、上からどんどんものを落とされるんです。そのときアパートの屋上のプレハブ小屋に住んでたんで頭から血が出てるし、「ああ、もう、死んだな……。くそ、もう、早く新聞沙汰になって、ニュースになれ!」と思って覚悟したら、ソファーが非常階段にガーンとぶつかって、もう、上からものが来なくなって、ああ、生きられると思って。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング