金の価格同じなら消費税5%で買い10%で売れば増税分儲かる

NEWSポストセブン / 2012年8月23日 7時0分

 消費税引き上げ法案が成立した。2014年4月には5%から8%へ、2015年10月からは8%から10%に引き上げられる。マイナスの影響ばかりが取り上げられるが、消費増税のメリットを受けるとして注目され始めているのが金投資である。

 金は貴金属店での購入時に消費税がかかるだけではなく、売却時には消費税を上乗せした額を受け取れる仕組みになっている。そして年収1000万円以下なら、その分を納税する義務はない。単純にいえば、金価格が変わらなければ、消費税5%の時に金を買って、10%時に売れば、増税分が儲かることになるのだ。

 金の第一人者で、マーケットアナリストの豊島逸夫氏が解説する。

「購入時と売却時に手数料はかかりますが、最初から5%の“金利”が約束されているようなものですから、預金などよりははるかに良い。しかも、金価格が上昇すれば、増税分と合わせてダブルで儲かります。

 前回の消費税引き上げ時は2%ということで、増税を当て込んで買う人はそれほどいませんでした。ところが、今回は将来的には消費税が10%では済まないかもしれないということで、相当な駆け込み需要が起こると予想されます」

 ただし、金は価格変動が激しく、たった1日で増税分の儲けは軽く吹っ飛んでしまうリスクがある。

「毎月一定額、例えば1万円を購入するというやり方がお勧めです。これなら金の安い月は多く、高い月は少なく買え、価格変動リスクを軽減できます。そして消費税が上がる前日まで買い続けて、後は投資ではなく貯蓄と考え、長期保有を心掛けましょう。

 よく『有事の金』といわれますが、米FRB(連邦準備制度理事会)は『2014年末までは経済の有事は続く』と発表しており、当面、金は高値圏にとどまると思われます。また今後、金の生産が高まる見込みはなく、その希少性から大きく下がることは考えにくい」(同前)

※週刊ポスト2012年8月31日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング