薬は減らせる 2つの薬を1つにまとめた「配合剤」の具体名

NEWSポストセブン / 2019年6月18日 7時0分

薬は減らせる

 薬局で5~6種類以上の薬を処方されている人の割合は65歳以上で約3割、75歳以上では約4割にのぼる(厚生労働省「平成29年社会医療診療行為別統計」)。

 高齢になるにつれて処方される薬の数は増えていくが、同時に薬を飲み残してしまう「残薬」が問題になっている。単なる飲み忘れだけでなく「すでに飲んだ」と勘違いしたり、飲むのが面倒になったりするほか、「もう治った」と自己判断で飲むのをやめてしまうなど、その原因は様々だ。

 薬によって患者が生活上の制約を受けることや、用法通りに服用できない事例が目立ってきていることを受け、厚労省は昨年5月末、「高齢者の医薬品適正使用の指針」の中で、薬の種類や飲む回数を減らす方法について取りまとめた。

 そこでは、問題を解消する具体的手段として、複数の有効成分が1つの薬品に含まれる〈配合剤の使用〉や、〈作用時間の短い薬剤よりも長時間作用型の薬剤で服用回数を減らす〉などが挙げられている。

 では、どの薬を飲んでいる場合に、どう減らせるのか。薬剤師で池袋セルフメディケーション代表の長澤育弘氏監修のもと、薬を減らせる代表的な具体例を別掲した表にまとめた。

◆減らしやすい「降圧剤」

「最も多いのが『降圧剤を複数種類飲んでいる』というパターンです。降圧剤の主なタイプとして『カルシウム拮抗薬』『利尿剤』などが挙げられますが、ほとんどの場合、最初は1種類から治療を始めます。しかし、飲んでいくうちに効きが悪くなってくることが一定の割合で発生してしまう。

 そうなると医師は、別のタイプの降圧剤を追加します。よくみられるのは、カルシウム拮抗薬を服用している患者に、『ARB』など、違う薬理作用(効くメカニズム)を持つ薬を追加する、というやり方です」(長澤氏)

 放っておくと薬の種類はどんどん増えてしまう。そこで、2つの薬を1つにまとめた「配合剤」に切り替えるという選択肢が出てくる。いま飲んでいる薬のなかに、表にある組み合わせが含まれていれば、種類を減らせる可能性がある。

「降圧剤と同様に、脂質異常症(高脂血症)や糖尿病でも、治療期間が長くなるにつれて薬の種類が多くなる傾向があります。これらを治療する薬にも、配合剤は存在します」(同前)

 1錠で2つの病気に対応するものもある。

「高血圧と高脂血症は併発しやすい病気です。そういった患者に対応するため、降圧剤と高脂血症治療薬を合わせた配合剤もあります」(同前)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング