3歳の犬は人間ならアラサー 他の犬と遊ばなくても心配無用

NEWSポストセブン / 2012年8月29日 16時0分

 西川文二氏は、1957年生まれ。主宰するCan! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導している。その西川氏が、飼い犬の「遊び方」について解説する。

 * * *
 先日、大学時代からの友人に、酒の席で相談を受けまして。内容はっていうと、「犬友達の3歳のプードルが、昔から遊んでた6歳の柴犬と最近遊ばなくなっちゃって。どうすればまた昔みたいに遊ぶようになるのかって、飼い主が悩んでいる」ってもの。

 犬は確かに我が子のようなもの。「人間の幼子達のように無邪気に遊ぶ姿が見たい」って気持ちはわかりますけどね、少し考えてみてくださいな。3歳の犬って、肉体的、精神的な成熟度でいえばアラサー、柴犬の方はアラフォー。ま、人間ならおっさん、あるいはおばはんですわ。誰とでも、ワーイ、遊ぼ、遊ぼ、って年齢じゃない。

 実は私、地域の子ども達にスポーツも指導しておりまして、彼らを見ているとよくわかる。練習前などに子ども達は、鬼ごっこやボール遊びなんかをよくしている。10歳以下の子ども達は間違いなく新入りでもすぐに打ち解けて遊ぶ。しかしですな、年齢が上がるにつれ、コレ、少しずつ積極的に遊ばなくなってくる。

 犬も同じってことですわ。社会性の高い動物たちは、子どもの時期に、コミュニケーションの方法を身につけるために積極的に誰とでも遊ぼうとする。だけど、ある時期を過ぎると、子ども同士のような遊びは、少しずつ減っていく。

 質問の犬も、他の犬と以前ほど遊ばなくなったって、心配には及ばない。こやつも落ち着きのある大人になったモンだ、って理解すればいい。

※週刊ポスト2012年9月7日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング