池江璃花子と萩野公介 「東京で金メダル」と誓い合った 

NEWSポストセブン / 2019年6月20日 7時0分

ホームページで一時帰宅中の姿を投稿した池江選手(時事通信フォト)

 東京五輪金メダルの最有力候補と期待され、競泳界の絶対的エースと呼ばれた2人の選手がいる。彼らはさまざまな感情を共有していた。孤独、葛藤、焦り、恐怖…。ナンバーワンにしか理解できない領域で、切磋琢磨して「東京」を目指す奇跡の物語――。

「スイミングキャップを外し、濡れた髪をかき上げる仕草がかわいくて、きれいなセミロングも印象的でした。今回の写真ではニット帽を被っていて、長い髪はもうなかった。

 抗がん剤の副作用もあるでしょうし、二の腕もほっそりしていて大変な闘病中なのだと見てわかる。でも笑顔はそのままで、前向きな様子が伝わってきました。ホームページの更新に1か月も掛かった理由がわかったような気がします。少しでも元気な姿を見せようと必死だったのだと思います」(日本水泳連盟関係者)

 2020年の東京五輪で金メダルの最有力候補とされた池江璃花子選手(18才)が、白血病を告白してからおよそ4か月が経過。今、彼女は必死に世間に対して言葉を発信しようとしている。

 5月8日に開設した公式ホームページがその場所だが、本人のコメントが更新されたのは、開設から1か月も経った後だった。

《退院中は家族で食事を楽しんだり、外の空気をたくさん吸ってのんびりした日を過ごしました。もう病院には戻りたくない!と思う時もありますが、人生の中のたった数ヶ月間だと思って自分を奮い立たせてます》

 兄や姉と並んだ写真とともに、5月下旬の一時退院した際の様子を綴った。闘病期間に入ってから初めて彼女の姿が明かされたが、その変化に、息をのんだ人も少なくなかった。だが、治療は順調に見えると、ナビタスクリニックの血液専門医・久住英二さんが言う。

「現在は抗がん剤治療を進めながら3週間ほど入院し、1週間ほど退院する『地固め療法』の段階と考えられます。一時的に退院できたことから、治療は順調に進んでいるとみていいでしょう」

 地固め療法がこのまま進めば、年内にプールサイドに戻ることも可能かもしれない。

 その思いを共有する人たちは準備を進めている。6月には池江選手を指導する三木二郎さん(36才)が、所属していたルネサンスを退社し、池江選手が進学した日大水泳部のコーチに就任。二人三脚で東京五輪を目指す体制が整った。三木コーチによれば、池江選手は病室で自転車トレーニングをする日もあるまでに回復しているという。

「日大水泳部の部員たちも、池江さんの復帰を心待ちにしています。5月の初旬に彼女が日大のプールを訪れた時に集合写真を撮っていて、“同じ日大生の仲間”という思いから、水泳部の寮にはその写真が飾られています」(日大関係者)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング