AV“素人筆おろし”企画の童貞募集告知に短期間で300通の応募

NEWSポストセブン / 2012年8月31日 16時1分

〈あなたの妄想、SODが買います!〉

 AV業界に革命を起こしてきたソフト・オン・デマンド(SOD)が、AVの新企画を一般人から募っている。

 募集をかけてからまだ1週間余り。それでもツイッターを中心に幅広く拡散されたせいか、100通近いメールが寄せられ、大学生や20代の若者からの応募がとても多かったという。

 応募作で目立つのが、自分もAV作品に出演して女優と交わってみたい、といった願望がみられる本人参加型の作品だという。そんな中、こんな証言もある。

「最近、あるAVメーカーで“素人筆おろし”作品を企画した際に、ホームページで童貞募集の告知をしたことがあったんです。そしたら(短期間で)300通も集まった。最近の若者は草食系男子と揶揄されていますが、現実社会で女性と交われないぶん、AVへの憧れは強いんじゃないでしょうか」(AV業界関係者)

 同募集の締め切りは9月30日。AV業界の“新陳代謝”はいかなる作品を生み出すか。

※週刊ポスト2012年9月7日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング