82歳男 朝から鰻食い尋常小学校の幼なじみとHし本懐遂げる

NEWSポストセブン / 2012年9月1日 16時1分

 近頃の熟年世代は「キャンパス内」ならぬ「(老人)ホーム内恋愛」を大いに楽しんでいる。夜這いやトイレ内Hも日常茶飯事だという。まさに老いてますます盛んなのだが、80代もまだまだ元気だ。農家を営む82歳のX氏は、尋常小学校時代の初恋の幼なじみと遂に想いを遂げた。

「長年、ただのご近所さんだったんだけど、Yちゃんの旦那が亡くなって、関係が変わった。久しぶりに会ったYちゃんは、なんだか小さくなっちゃってね。『俺がなんとかしてやらなくちゃ』って、思っちゃった。それから毎晩電話よ」

 両家は自転車で20分の距離。X氏は夜ごと通うようになったが、近所に住むYさんの親戚に見つかり、「もう来ないでくれ」と釘を刺されてしまう。しかしX氏の気持ちは募るばかりだった。

「夜になると、どうもムズムズしていかん。それをいうと、Yちゃんはすごく楽しそうに笑うんだ。こりゃ脈があるぞと、近所の温泉に誘ったら『車酔いするから遠出はダメ』だって。断わられたけど、『でも、○日の夜なら、私の家へ来てもいいよ』と応じてくれた」

 決戦の夜、X氏は新しい猿股をおろした。

「朝のうちから、鰻食ってね(笑い)。いざとなると『10年ぶりでカラカラだ』って、Yちゃんが痛がってな。最初は入るに入れなかったけど、次には半分くらいまで。でも年寄りは、あちこちペタペタ撫で合っているだけで、気持ちがいいんだ。安心するんだよ」

 目下の悩みは、Yさんが近所の親戚や娘の目を気にして、なかなか家に上げてくれないことだという。

※週刊ポスト2012年9月7日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング