韓国“独島”PRは自分で勝手に興奮し他国の顰蹙買う自家発電

NEWSポストセブン / 2012年8月30日 16時0分

 オリンピックで領土問題をアピールし世界中からひんしゅくをかった韓国サッカー選手。そこには韓国人特有の意識が透けてみえるという。産経新聞ソウル駐在特別記者の黒田勝弘氏が解説する。

 * * *
 ロンドン五輪の銅メダルをめぐるサッカー日韓戦は、日本人にとっては悔しい敗戦だった。ところが試合後の韓国選手のグラウンドでの反日パフォーマンスから始まった騒動は、いささかの慰労(?)になったのではなかろうか。

 IOCが政治的宣伝を厳しく禁じた五輪憲章違反の疑いありとして、問題の選手へのメダルの授与を留保した。日本人の多くは「金メダル獲得数5位の国が国際舞台でまだあんなことをやっている!」と安心(?)した。

 韓国選手が両手にかざしてグラウンドを走り回った「独島はわれわれの地」と書かれた紙の宣伝物は、スタンドの韓国人から手渡されたものだ。だから実際は、スタンドにそれを持ち込んで応援に使い、しかも興奮状態の選手にそれを手渡したスタンドの韓国人が悪い。

 しかし宣伝文句はハングルだけで書かれていた。あれじゃ外国人には何のことか分からない。自分たちだけで騒いで勝手に興奮し、よその国からはひんしゅくを買うという、いつもの“自家発電”だ。  

※SAPIO2012年9月19日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング