秋篠宮さまから伝わる“娘の意思を尊重したい”との思い

NEWSポストセブン / 2019年7月7日 7時0分

娘の意思を尊重したい思いが伝わってくる(撮影/小倉雄一郎)

 秋篠宮家の長女、眞子さま(27才)の婚約内定者である小室圭さん(27才)が米留学に旅立ってから1年が経とうとしている。小室さんは現在、米ニューヨークにて3か月にわたる夏休みを過ごしている。

「小室さんは5月に行われたコースの修了式を欠席して以来、大学周辺で見かけられていません。大学では、夏休み期間中に短期留学生を学生寮に迎え入れるため、在校生は一時退寮を求められます。

 代理人弁護士によると、小室さんは帰国せず現地で勉強に勤しむそうですが、その消息は全くつかめていません」(現地メディア関係者)

 そんな中、眞子さまが7月9日、小室さんがいるアメリカに向かわれる──。

「娘から話を聞いておりませんので(中略)私はわかりません」

 秋篠宮さまは6月21日、ポーランド、フィンランド訪問を前にした会見で、眞子さまの結婚の見通しについてこう話された。

「秋篠宮ご夫妻は、眞子さまとは結婚についての会話がない状態が続いているそうです。秋篠宮家では、子供たちそれぞれの意思を尊重する子育てをされてきました。今さら、眞子さまが決められたことを否定するわけにはいかないというご夫妻の思いもあるのでしょう」(宮内庁関係者)

 昨年11月、秋篠宮さまは自身の誕生日会見で「ふたりが結婚したいという気持ちがあるのであれば、やはりそれ相応の対応をするべき」「(現状では)納采の儀は行えない」と、結婚に対して踏み込んだ発言をされた。しかし、訪欧前の会見では、“わからない”と話されるにとどまった。

「誕生日会見での発言は“踏み込みすぎた”という反省があったのではないでしょうか。結婚についてさほど言及しなければ、世間で話題にならず、そのうちに関心も薄れると考えられたのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 小室家に金銭トラブルが発覚してから、ふたりの結婚に対する世間の風当たりは厳しい。そんな中でも、秋篠宮さまのご対応からは、“娘の意思を尊重したい”という思いが伝わってくる。

「秋篠宮さまは“国民感情”を大切にされます。今は結婚に否定的な声が大きくても、いずれ“そこまで貫くならば結婚させてあげたい”という機運が生まれたり、そもそも結婚の話題が沈静化するようなら、結婚に向けて何らかの方法を考えられるでしょう」(皇室ジャーナリスト)

※女性セブン2019年7月18日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング