長谷部誠 心を整えて「そこまで、やる。」筋肉美を披露

NEWSポストセブン / 2012年8月31日 16時0分

ドイツ・VfLヴォルフスブルクに所属する長谷部誠(28)。自著『心を整える。』は昨年発売され、大反響をよんだ。「心は鍛えるものではなく、整えるもの」「いかなる時も安定した心を備えることが、常に力と結果を出せる秘訣」とし、自身のメンタルコントロール術を説いたこの本は、発売から現在までで実に130万部を売り上げているベストセラーだ。

 移籍を目指しているものの、現段階ではまだ進展がないことが報じられており、先日の会見で「心を整えて待つ?」と質問された際には「誰か移籍を整えてくれないかな」と苦笑いしていたという。

 心は「鍛える」ものではなく「整える」もの。生活のリズムや、睡眠、食事といった日々の生活から、“心に有害なこと”をしない――“部屋がいつもとてもきれい”“待ち合わせ時刻の30分前には到着”“「心を整える。」の印税を全額、ユニセフに寄付”など、その真面目なエピソードは枚挙にいとまがないがないが、このほど、それに目をつけたフォルクスワーゲン グループ ジャパンが、長谷部を起用したTV CMを9月1日より、全国で放送開始する。

 CMは“そこまで、やる。”がテーマ。同社によると「長谷部選手の、何事にもとことん挑んでいく姿、仲間を鼓舞するリーダーシップ、真面目な生き方と、フォルクスワーゲンブランドの持つ『価値のある』、『革新的な』、『責任感のある』といった特長と魅力を表現」したものだというが、それにあたってのエピソードがこれまた“長谷部伝説”を増強するものだ。

■伝説1:仲間に教える待ち合わせ時刻は「30分前」

サッカーの日本代表選手仲間と一緒に食事に行くときにも、「そこまで、やる」。待ち合わせをするときは、長谷部から連絡を取り、必ず「本当の集合時刻の30分前」を教えるそうだ。それによりスケジュールを守ることができ、お店に迷惑をかけないですむとの考えからだという。

■伝説2:お土産を買いに「戻る」

お土産の買い物にまで、「そこまで、やる」。東北仙台をチャリティーイベントで訪れ、いざ帰京しようとした時のこと。仙台のお土産といえば、銘菓「萩の月」が有名。すでに仙台は出発してしまっているにもかかわらず、「仙台に行ったのだから、萩の月は譲れない」と一念発起。「萩の月」を手に入れるべく、再び仙台の街に逆戻りしたのだとか。

■伝説3:CM撮影のために3日前から「食事制限」

「ボディがすべての基本篇」など、3篇あるCMでは、鍛え上げた筋肉美を披露。撮影前には3日前から食事制限をおこなったうえ、長時間に渡る撮影当日中も水分以外の食事は一切口にしないほどの徹底ぶりで、「そこまで、やる」。そして撮影終了後には、自らスタッフの配膳まで手伝ってスタッフ、関係者全員と一緒に大盛りカレーを食べるといったエピソードも“気遣い”の長谷部らしいところ。

 真面目なことをいうと「長谷部かっ!」とツッコミが入るほど、そのキャラクターが人々から愛され、信頼される――“そこまでやる!?”というツッコミをよそに、「そこまで、やる。」のが長谷部なのである。



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング