1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

世界遺産目指す富士山 登山経験者の67.2%「また登りたい」

NEWSポストセブン / 2012年9月4日 16時0分

写真

世界遺産登録へ大詰めを迎えている富士山

 2013年6月の世界文化遺産登録を目指す富士山。8月29日から9月5日まで、ユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)の現地調査が実施されている。1990年代はじめ頃から世界遺産登録への運動が行なわれており、登録の可否に影響力のあるイコモスの評価が気になるところだ。

 世界遺産登録へ大詰めともいえる状況を迎えている中、“富士山エリアを完全ガイドするウェブサイト”の「フジヤマNAVI」(富士急行)が「富士山を世界遺産に!!応援プロジェクト」をスタート。プロジェクトの第1弾として「富士登山に関する意識調査」(全国の20~60代・富士登山経験のある男女302名)を実施した。

「富士山に登ろうと思ったきっかけは何ですか?」という質問に対し、上位に入ったのは「友人・知人などに誘われたから」が32.1%、「日本で一番高いところに行ってみたかったから」27.2%、「富士山に憧れていたから」25.5%という結果に。

 そして「富士山に登って得られたものは何ですか?」には、53.3%の「達成感・充実感」という回答が1位、以下「自然の威力を体験」(25.5%)、「忍耐力」(15.6%)、「自分の気力・体力の限界を知ること」(14.9%)、「ストレス発散・気分転換」(13.9%)、「人との助け合い・思いやりの気持ち」(13.2%)となった。

「達成感・充実感」を感じた人が多いこともあり、「もう一度富士山に登りたいですか?」という質問には、「とても登ってみたい」15.9%、「登ってみたい」51.3%を合わせて67.2%が「また登りたい!」という意見で、“日本一の山”の魅力を感じさせる。

 また同プロジェクトでは第2弾として、富士山を眺める宿の宿泊券や名産品・レジャーグッズが当たる「富士山クイズトライアル」を9月30日まで開催中。

「フジヤマNAVI」でのヒントを確認しつつ実際に、記者は10問のクイズにチャレンジしてみたが、「富士山の頂上は誰のモノ?」や「戦時中、米軍が富士山で実行しようとした作戦とは?」「富士山頂で結婚式を挙げられるのはどんな人?」など、“富士山トリビア”的な内容になっている。

 日本で一番高い山というだけでなく、時に信仰を集め、文化・芸術の題材となってきた富士山。海外での認知も高い、日本の象徴ともいえる「Mt. Fuji」が世界遺産という称号を得られるのか――日本人としては気になるところ。そうした中クイズを楽しみながら、富士山について知ることも、応援のひとつといえそうだ。



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング