韓国服役の渋谷ギャル「韓国人も中国人も国、国言い過ぎ」

NEWSポストセブン / 2012年9月7日 7時0分

 竹島問題をめぐって日本と火花を散らす韓国で、“貴重な体験”をしてきた渋谷ギャルの異色の告白本『韓国女子刑務所ギャル日記』(辰巳出版刊)が話題になっている。

 著者は元マンバギャル(ヤマンバメークのギャル)の「あき」。勤務先のキャバクラ店員から紹介された「運び屋バイト」でマレーシアから覚醒剤を持ち帰ろうとしたところ、経由地の韓国・仁川国際空港で逮捕され、そのまま韓国で3年間の拘置所・刑務所生活を送ることになった。

 約1年後に3年の実刑が確定すると、韓国唯一の女子刑務所に移送されるが、“同居人”の韓国人受刑者らと喧嘩を繰り返しながらも、最後には教官(刑務官)からも認められて班長に指名されるまでにのし上がった。

 だが、喧嘩ばかりしていたわけではない。母親のような年齢の韓国人の囚人から韓国語を習い、心優しい無期懲役の中国人女性との友情も芽生えた。

 あきさんがあっけらかんと語る。

「国によっては死刑になる可能性もあったわけだし、韓国で捕まったのは“不幸中の幸い”だったのかもしれない。でも、この3年間で自分の悪い部分にどんどん気づいて、見直すことができるようになったかな。反省はしてるけど、中にいたことを後悔はしてないし、誇りに思ってる」

 服役中に韓国人・中国人と大喧嘩し、同時に友情も育んだ彼女に、日韓・日中間の領土問題について訊いてみた。

「韓国からアイドルがカネ稼ぎに日本に来て、中国には日本の工場がたくさんあって、日本人も整形しに韓国に行く世の中なのに“仲悪いです!”って騒ぎ立ててもねぇ……そのへん、皆ヨロシクって感じかな。

 ただ、韓国人も中国人も“国、国”って言い過ぎじゃん、って思う。刑務所の中で観た冬季オリンピックでも、韓国人がメダル獲った瞬間ばっかりテレビで流されてスゲー疲れたもん」

※週刊ポスト2012年9月14日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング