人気のやわらかプリン4種紹介、濃厚かつ旨味満点

NEWSポストセブン / 2019年7月23日 16時0分

うれしいプリン屋さんマハカラ「白プリン」390円

『なめらかプリン』が発売されて以来、軟らかいタイプが席巻していたプリン市場。しかし、やや硬めのプリン愛好家が勢力を増していている現状もある。そこで、根強い“やわらかプリン”派のみなさんにお届けする、絶対行きたい名店をご紹介しよう。

◆うれしいプリン屋さんマハカラ「白プリン」390円
住所:東京都目黒区青葉台1-17-5-101 
営業時間:11~18時
定休日:無休

 居酒屋のデザートが人気でプリン専門店を併設。保存料不使用の「日本一こだわり卵」を使い、さらさらなめらかな舌触りで舌の上でスーッと溶ける。カラメルもさらさらでいくらでも食べられそう。 

◆ACHO「バニラキング」各410円
住所:東京都新宿区矢来町103
営業時間:11~19時(日・祝は~18時半)
定休日:毎週火曜、第3水曜

 東京・神楽坂にあるプリンと焼き菓子の専門店には、常時9種類のプリンが並ぶ。地養卵の卵黄だけを使用し、バニラが香る濃厚でなめらかなカスタードプリン。トロトロで軟らかいのがウリだが、お皿に出しても自立できる硬さにこだわりが。

◆しょうゆきゃふぇ元町「NAMAプリン」864円
住所:神奈川県横浜市中区元町1-30フジタビル2F 
営業時間:11~17時
定休日:不定休

 山手にあるフレンチレストランの六川光シェフが、葉酸たっぷりの『恵壽卵』に惚れ込み、生卵の状態で、とろ~りまろやかなミルクムースの上にのせる演出を考案。素材の味が口の中で一体になる感覚がやみつきに。864円に、+216円でしょうゆパンのフレンチトースト風に。

◆ガトー・ド・ボワイヤージュ馬車道本店「プダン・オ・ヴァニーユ」281円
住所:神奈川県横浜市中区常盤町4-42
営業時間:10~21時(日・祝は~18時)
定休日:元日

『ミルフイユ』や『馬蹄パイ』でおなじみの人気店のプリンは、しっかりとした甘さで小ぶりなサイズがちょうどいい。見た目は硬そうなのに、驚きのとろとろクリーミーな食感とカラメルのコクがたまらない。

撮影/宮本信義

※女性セブン2019年8月1日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング