殺虫剤が効かないゴキブリが激増か 究極の撃退兵器は

NEWSポストセブン / 2019年7月24日 7時0分

殺虫剤でも死なないゴキブリを退治する秘策とは?

 人類が登場するよりはるか昔、2億5000万年前から地球上に存在してきたゴキブリ。地上の王者として君臨してきたやつらに、想像を絶する新たな能力が発見された。

 ニューズウィーク日本版(2019年7月3日付)に、「あらゆる殺虫剤に耐性を持つゴキブリが激増中」という記事が載った。米パデュー大学の昆虫学者マイケル・シャーフ教授が、家庭でよく見られるチャバネゴキブリに対して市販されている複数の殺虫剤を使って効果を検証する実験を実施したところ、殺虫剤に対する耐性は親から子へ遺伝し、たった一世代で耐性が4倍から6倍に上昇することを発見したという。

 記事には、〈驚異の生命力に、近い将来殺虫剤では殺せなくなるかもしれないと、研究者は警告する〉とある。

 あらゆる薬剤に対する耐性を身につけ、殺虫剤を浴びせても浴びせても、怯むことなくこちらに飛んでくるゴキブリを想像すると、もはやパニック映画の世界だ。人類とゴキブリの存亡をかけた戦いはいよいよ最終ステージに突入するのかもしれない。

 この記事に対して、ネット上ではさまざまな意見が飛び交ったが、その中に「ゴキブリは台所洗剤をぶっかけると窒息死する」という指摘が多数見られた。殺虫剤が効かないなら台所洗剤を使えばいいと。

 実は筆者も子供の頃、台所でゴキブリが出たときに、殺虫剤が手元になく、一緒にいた姉がパニクって台所洗剤をぶっかけたら、ゴキブリが死んでしまって驚いたという体験をしている。それ以来、我が家では対G決戦兵器として台所洗剤が頻繁に出動するようになった。いざというとき、たいてい殺虫剤はどこに置いてあるのかわからなくて右往左往するが、台所洗剤は100%確実に流し台に存在しているからである。

 市販の殺虫剤では噴霧してもゴキブリはすぐに動きを止めず、ときに飛翔したりして阿鼻叫喚の地獄絵図が展開され、挙げ句に家具の裏などへ逃げ込まれたりする。そうなると、生きているのか死んでいるのかもわからず、死んでいたとしてもその死骸を除去するのが容易ではなくなる。スプレータイプの殺虫剤だと噴霧時に自分もちょっと吸い込んでしまうのも気味が悪い。

 しかし、台所洗剤の場合、直撃させられれば、ゴキブリも足を取られるのか、すぐに動きが止まって無力化できる。床や壁に洗剤がべっちゃりつくが、洗剤なので拭き取るのは気楽だ。

 台所洗剤をゴキブリ撃退に利用している人は意外に多いようで、ネット通販アマゾンで販売されている花王のスプレー型台所洗剤『キュキュット クリア泡スプレー』のカスタマーレビュー欄には、「対昆虫決戦兵器」と題されたレビューが載っていて、ネットで話題になっている。〈本来の使い方とは違いますが、これ、驚くほど虫に対する戦闘力が高いです〉という書き出しで、対G決戦兵器としていかに優秀かが雄弁に述べられている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング