犬にとっても危険な「一気食い」 そうさせないための躾方法

NEWSポストセブン / 2012年9月10日 16時0分

 西川文二氏は、1957年生まれ。主宰するCan! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導している。その西川氏が、犬の一気食いを防ぐ方法を伝授する。 

 * * *
 数年前、インターネットのアンケートで「秋といえば何」ってのがあって、その結果は「食欲の秋」が1位。以下「読書の秋」、「芸術の秋」と続いておりました。もし同じアンケートを犬にしたら、彼らの1位も「食欲の秋」でしょうな。もっとも、彼らは2位も「食欲の秋」、3位も「食欲の秋」でしょうけどね。

 しかしまぁなんだって犬ってのは、ああやって一気食いするんですかね。なんでも早い奴では100グラムのフードを、わずか15秒で食っちまうそうな。

 コンビニのおにぎりが110グラム程度だから、ま、丸呑みにすれば、私にもできないことはないか? でも、良く噛んで食べなさい、って母親に口うるさくしつけられていたんで、そんなこと試しにでもしないけどね。

 そもそも、このよく噛むってことを、彼らはしない。大昔は、犬は肉食。歯の形状は、シザーバイトっていって、食べ物を切る機能に特化している。飲み込める大きさに、獲物を切り裂いて、飲み込んじまう、咀嚼などしないってこと。

 獲物を確保したら、ジャマされないうちに、とっとと食っておく。しかも、今度いつ獲物を確保できるかわかんないってんで、とりあえず、ドカっと食っておく。噛んでる場合じゃない。ま、そんなところ。気持ちはわかりますがね。

 とはいえ一気食いは、胃捻転っていう病気の要因といわれていたり、ついつい飼い主がフードをあげすぎて肥満にさせちゃったり……我々人間同様、健康に悪い!

 では、あの一気食いを防ぐにはどうしたらいいのか。お薦めは、フードを報酬とするトレーニングを取り入れ、1日のフードをなるべくそのトレーニングを通じてあげるようにすること。これで一気食いは、一気に解決! ってことですよ。

※週刊ポスト2012年9月21・28日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング