ココア成分含有歯磨き大ヒット 化学物質使わず口コミで拡大

NEWSポストセブン / 2012年9月10日 16時0分

 ココアに含まれる天然由来の成分にこだわったハミガキペースト、ココラル・インターナショナルの『ココデント』が人気を呼んでいる。開発したのは光通信の研究者。科学こそが世界を変える、と信じてきた男が魅了された自然の力とは――。

 インターネットも携帯電話も一般には普及していなかった1980年代。大学生だった石田進(ココラル・インターナショナル代表取締役会長:51歳)は、パソコンを利用したネットワークに興味を抱いていた。大学院を出ると26歳で起業し、光を応用した通信工学の研究に没頭した。

 今では当たり前となっているクレジットカードで手軽に航空券を予約・発券するシステムは石田の成果のひとつだ。光通信を中心とした科学の発展なしに、経済の発展はない――と信じて疑わなかった。

 2000年、科学研究漬けの生活を送っていた石田に転機が訪れた。鶴見大学歯学部の副学長から、光ファイバーで口の中の細菌を制御し、虫歯予防に応用することはできないか、との相談が持ち込まれたのだ。

 光には殺菌効果がある。痛みもなく、安全性も高いといわれていた。しかし、光を応用した科学と微生物学のコラボレーションは未知数だった。並の人間なら即座に固辞していたかもしれない。だが石田は違った。

「私にとって諦めることは最低の敗北。成功する自信がないからと二の足を踏むのはいやでした」

 石田はそれまでのキャリアをなげうって、同大学の口腔微生物学講座の研究員を引き受けることになった。石田の研究は口の中の微生物について学ぶことからスタートした。微生物や細菌についての知識はほとんどなかった。何とか自力で学ぼうと様々な文献を読みあさった。大学の研究者にも教えを請うた。加えて、口腔感染症の仕組みを知るために基礎研究を繰り返した。

 やがて地道な研究の成果が現われた。ワインなどに含まれるポリフェノールに、歯周病を抑える効果があるということがわかった。その成果はいかほどか? ポリフェノールを多く含む天然由来の成分を10種ほど集め、比較すると、ココアをパウダー状にした抽出物に有意に高い抗菌作用があることがわかった。ココアには歯周病を引き起こすジンジバリス菌に対し、抗菌効果があったのだ。

「これは新しい価値を持ったハミガキになる。投資した金もすぐに回収できる」と、周囲を説得し、鶴見大学と大手製菓会社の協力を得て商品化を進めた。

 2008年、1本1890円という価格で販売をスタートさせることになった。「高級ハミガキや、超音波歯ブラシなど、付加価値のある製品に注目が集まっていた時期。十分に競争力はあると信じていました」

 キャッチコピーは「世界初! ココアのハミガキ[ココデント]」。ところが商品は1日10本も売れなかった。億を超える借金が石田の背中に重くのしかかってきた。石田は全国の歯科医院を自ら訪ね歩き、商品説明とともに販売を持ちかけてみた。歯科医師が興味を示さないようなら、もうやめようと思っていた――。

 最後の賭けだった。だが、ココアの効能は専門家である歯科医師らにすぐに理解された。化学物質を一切使っていなかったことが、歯科医に勧められた子供を持つ親の間で口コミで広がった。

 一度火がつくと勢いは止まらない。全国展開が始まり、借金も完済。飛ぶ鳥を落とす勢いの成長企業と評されるほどになった。

●取材・構成/中沢雄二

※週刊ポスト2012年9月21・28日号



【関連ニュース】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング