暴力団幹部「一般人が反社かどうか見抜くのはムリ」

NEWSポストセブン / 2019年7月30日 16時0分

反社を見分けることはできる?

 警察や軍関係の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、暴力団幹部や元刑事に“反社”の定義を聞く。

 * * *
「だいたい吉本芸人たちがかわいそうですよ。あの連中が忘年会に行った時、特殊詐欺グループのやつらもそのフロント企業も、反社(反社会的勢力)扱いになっていませんからね」

 暴力団幹部はそう言って首を傾げた。

「問題の捉え方がおかしい」

 吉本興業ほかの芸人たちが、闇営業で特殊詐欺グループの忘年会に出席しギャラをもらっていた問題で、暴力団幹部はこう話した。反社会的勢力の認定は定義にあいまいな所があり、当時、特殊詐欺グループが反社だと認定するだけの根拠はなく、認定された時期にも問題があると指摘したのだ。

 謝罪会見を開いた宮迫博之は、そのグループが吉本を通したイベントのスポンサーだと聞かされていたと話した。だが吉本興業の岡本昭彦社長は、会見でこれを否定、「すべての取引先に反社チェックをしている」と述べた。

「フロント企業がイベントのスポンサーになった時、やつらはまだ逮捕されていないし、逮捕歴もなかったから反社かどうかはわからない。あの写真が撮られた時、やつらは普通の人。その後でオレオレ詐欺だとわかって逮捕され、反社扱いになっている」

 暴力団幹部からすれば、逮捕前で反社と認定される前なら“普通の人”なのだ。

「マスコミだって吉本だって、あの写真が撮られた時、やつらが反社扱いになっていないとわかってると思うけどね。なのに誰もそこを言わないし、取り上げない。だから、芸人たちは反社の忘年会に出たことになっているが、本当は違う。

 それにあの忘年会、場所は一流ホテルだ。そん時、やつらは普通の人だから、一流ホテルも貸している。反社扱いされていたら、ホテルは貸さない」

 写真週刊誌『フライデー』に掲載された写真は、2014年12月、都内の一流ホテルで行われた特殊詐欺グループの忘年会でのもの。だが詐欺グループが逮捕されたのは、翌2015年の6月。忘年会が行われた時、詐欺グループはまだ逮捕前だ。同じく『フライデー』に掲載された宮迫と金塊強奪犯とが一緒の写真は、撮られたのが2016年7月。福岡市で事件が起きた3週間後ではあるが、強奪犯が逮捕されたのは2017年5月だ。

 彼らに前科前歴がなければ、芸人たちが彼らを危ないやつらだと感じても、反社だと見抜くことはできないだろうと暴力団幹部は話す。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング