小室圭さん実家周辺警備 監視カメラ、警官待機アパート存続

NEWSポストセブン / 2019年8月2日 7時0分

小室さんが留学して以降、佳代さんの姿は見られていない

 神奈川・横浜市内のマンション。入り口の脇には、公衆電話ボックスサイズの「ポリスボックス」がある。昨夏以来、その中に立つはずの警察官の姿がない。がらんどうのまま“放置”されている。

「秋篠宮家の長女、眞子さま(27才)の婚約内定者である小室圭さん(27才)の警備のために、彼のマンション前に神奈川県警が設置したものです。

 小室さんが昨年8月、アメリカへ留学に旅立ってからもうすぐ1年。留学先は夏休み期間中ですが、“帰国すると、24時間のSP警護がつくなど警備が大変になる”という理由で帰国しないそうです」(皇室記者)

 たしかに、警察が呼ぶところの「要警護者」である小室さんが不在だから、ポリスボックスは空のまま。しかし、今も厳重ともいえる警備が続いているという。ある警察関係者が明かす。

「いつ帰国してもいいように、各都道府県警がスタンバイしているだけではありません。

 横浜のマンションのオートロックのエントランス付近、小室家の部屋の玄関、そしてベランダ。少なくとも計3か所に24時間体制で監視カメラを稼働させているんです」

 なぜ「要警護者」が日本にいないのに、そこまで手厚い警備が必要なのか──。

「小室圭さんはアメリカへ弁護士資格を取りに行っているので、猛勉強を続けています。眞子さまとの結婚の気持ちに、変わりはありません」

 小室さんの代理人弁護士は7月29日、本誌・女性セブンの取材にこう話した。

 眞子さまと婚約内定会見に臨んでから、2年が経とうとしている。昨年2月、結婚行事の2年間の延期が発表されたものの、秋篠宮さまが昨年11月に「納采の儀は行えない」と発言された通り、結婚の行方はまったく不透明だ。そもそも小室さんは再来年まではアメリカに留学中。「結婚の気持ちに変わりはない」と強気でも、「いったいいつまで警備が続くのか。見通しぐらいは知りたい」(前出・警察関係者)と周囲の視線は穏やかではない。

 小室さんが留学するまでは常時2人の警察官が、マンション正面入り口脇のポリスボックスと、小室家の部屋のベランダに面した道に立っていた。さらに、小室さんが出勤などで外出する時は、私服警官のSPがピタリとついて回った。

「横浜のマンション周辺は、神奈川県警の機動隊が作った専属チームが警備に当たりました。外出時につくのは、警備部のSPです。小室さんの勤務地は都内なので、神奈川から東京に入れば、警視庁警衛課のSPにバトンタッチされます」(別の警察関係者)

 なお、小室さんがアメリカへと飛び立った成田空港では千葉県警警備部が出動した。

「神奈川県警は、警察官の待機所として、マンション近くのアパートの一室を借りたそうです。小室さんが留学したことで警察官がマンション前に立つことはなくなりましたが、そのアパートの一室は今も借りられたまま。必要経費の原資はもちろん国民の血税です」(宮内庁関係者)

※女性セブン2019年8月15日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング