神奈川のチョコレート風味のビール ビール五輪で銅賞獲得

NEWSポストセブン / 2012年9月12日 16時0分

写真

バレンタイン限定発売の「チョコレートポーター」

 いま日本の地ビールの評価が世界的に高まっている。そのレベルは「世界で5本の指に入る」といわれ、2年に1度アメリカで開催される“ビールの五輪”『ワールド・ビアカップ』でも入賞が相次いでいる。

 その中のひとつが、『ワールド・ビアカップ』のロバストポーター部門で銅賞を受賞した、神奈川県の湘南ビールの「チョコレートポーター」だ。

 明治5年創業の熊澤酒造が、湘南ビールを設立したのは1996年。以来、ドイツ伝統の醸造法を学び、丹沢山系の伏流水、非加熱処理にこだわってきた。受賞した「チョコレートポーター」は、2006年からバレンタインデー用に1回限定で仕込む銘柄。醸造士・筒井貴史さんが、「焙煎したモルトの香りと甘みが生き、飽きずに飲める味」を目指し、毎年改良して育てあげてきた。

「今年はいい出来でしたが受賞は驚きでした」と筒井さんは照れた。

※週刊ポスト2012年9月21・28日号



【関連ニュース】

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング