田原俊彦 ツアー初日に「ジャニーさんがきっと見ている」

NEWSポストセブン / 2019年8月2日 16時0分

ライブで恩師への思いを口にした田原俊彦

「ジャニーさんが天国に召されて……きっと今日、見てくれているんじゃないかな」

 デビュー40周年を迎えた田原俊彦の全国ツアーが開幕した。初日の7月28日、群馬県みどり市の笠懸野文化ホール・パルのステージでは、序盤に衣装の一部がほどけるなどハプニングもあったが、舞台狭しとばかりに精力的に動き回った。田原は終盤のMCで、「まさか、(デビュー曲の)『哀愁でいと』を歌っている時、58歳になってもステージに立っているなんて、僕自身がいちばん想像できなかった」と話した後、上を見詰め、冒頭のように呟いた──。

 アイドルの寿命が短かった昭和の頃、ジャニー喜多川氏(7月9日逝去)のプロデュースによって、田原俊彦は歴史を塗り替えていった。

 昭和50年代前半、ジャニーズ事務所は低迷していた。それを救ったのが田原俊彦、近藤真彦、野村義男の3人だった。昭和54年10月開始の『3年B組金八先生』(TBS系)で生徒役に抜擢された彼らは、ドラマとともに人気が上昇。のちに、『たのきんトリオ』と呼ばれるようになる。

 先陣を切って、田原が昭和55年6月21日『哀愁でいと』でデビューした。バックダンサーのジャPAニーズとともに踊る同曲はオリコン史上初の初登場トップテン入りを果たし、当時の人気歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)ではジャニーズ事務所初の1位に輝いた。

 鮮烈なデビューを飾ったものの、行く末は全く見えなかった。アイドルは2年もヒットチャートに入れば大成功。20代中盤で“大人への脱皮”がしきりに求められ、10年先どころか、3か月先も想像できなかった。

 そんな中、ジャニー氏はディレクターの羽島亨氏、作家の宮下智氏とともに『ハッとして!Good』『キミに決定!』『NINJIN娘』など“田原俊彦にしか歌えない歌”を世に送り出し、ヒットを連発させていった。

 果たして、曲中に笑い出す空前絶後の『ブギ浮ぎI LOVE YOU』を他の歌手が歌ったら売れただろうか。田原俊彦が歌うと不思議とサマになった。製作陣が個性を引き出す歌を作り、歌い手が懸命に表現する。こうして、唯一無二の存在が確立されていった。

 当時、若いタレントを“ジャリタレ”と蔑視する声もあった中、ジャニー氏はこんな夢を持っていた。

〈ぼくはジャリタレで終わらせようと思ってやってないんです。アメリカの芸能界のように、みんな5歳くらいからレッスンにレッスンを重ねて、40代、50代で円熟期を迎えて、老人になっても活躍してるようなアーチストを作りたいんです〉(平凡・昭和62年11月号)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング