田原総一朗氏がシニア婚活事情を取材 モテる男性は非ケチ

NEWSポストセブン / 2019年8月17日 16時0分

85歳のジャーナリストが選んだ次のテーマは?(撮影/上野準)

 ソフトバンクホークスの王貞治・球団会長が78歳で結婚、作家で元東京都知事の猪瀬直樹氏も71歳で婚約を発表するなど、近年は高齢層の結婚がニュースになることが珍しくなくなった。一般の人々の間でも、シニア層が新たなパートナーを探す「シニア婚活」が活況だ。東京だけでも、婚活のための出会いパーティーやバスツアーなどを行なっている団体は50社を超える。

 そこで、高齢者の性を取材してまとめた『シルバーセックス論』(宝島社刊)を上梓した田原総一朗氏が、1993年に創業した銀座の婚活サポート業「ブライダルゼルム」の婚活アドバイザー・立花えりこ氏を取材した。同社はここ10年くらいで50代、60代のパーティーのニーズが高まっており、最初は月に1度のペースがいまでは10倍増になったという。

「以前は新聞とかの三行広告などで『中高年出会いパーティー』などと打っていたのですが、今はインターネットがすごく普及しているので、50代、60代でもスマートフォンとかタブレットを使っていらっしゃる方が多いです」(立花氏)

 田原氏が婚活パーティーでモテる男性像を聞くと、「よく男性のお客様に言っているのですが、ケチではダメ。カップルになった後に、コーヒーを割り勘にするとか、映画館の入場料を割り勘にしたら絶対に先はないですよ、と。あとはエロさを出さないことです」との答え。“俺はまだ現役なんだよ”発言や、過剰なスキンシップを求めることなどは、シニア世代の保守的な女性にとっては抵抗感が強いのだという。

 1990年代に20~40代までの男女に盛況だった「お見合いパーティー」は2000年代に入るとネットの普及で廃れていった。一方で、そのお見合いパーティーに目を付けたのがシニア世代だった。流行りのネットのマッチングサービスより、みんなで集まり、直接話をして相手を知ることのできる「お見合いパーティー」は、5000円程度の参加費で、真剣にパートナーを探す人もいれば、パーティー自体を楽しむ人も多い。

「風俗店もそうだが、本来は若い世代向けだったサービスを、今はシニア世代がうまく活用している。時代を生き抜いてきた世代のしたたかさを感じる」

 田原氏はそう分析している。

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング